ニュージャージーで、時差調整。


一昨日の夜遅く、ニューヨークの郊外、ニュージャージに着きました。

ここは、私が高校時代を過ごした町です。

父のニューヨーク転勤で来ることになったアメリカですが、

16の時に父が日本の本社に戻ることになった後、

私はアメリカ人夫婦のところにホームステイして、

高校卒業までここで暮らしました。

今では私の第二の家族、そして第二の実家です。

二階には私の部屋、そして地下には私のピアノがあり、

気兼ねなく思う存分朝から晩まで練習できます。

コルバーンに入学し、ロサンジェルスに移る2006年までニューヨークで暮らしていた私は、

仕事や、約束の無い一日があると、ここに来て自然を満喫しながら練習をしたものです。

今練習しているのは、タングルウッドで演奏する曲達。

何しろ曲数が多く、そして向こうに着いてからの練習状況が分からないので、

今できるだけ準備をしておきたい。

こういう音楽祭では、練習室の数に限りがあったり、リハーサルが多すぎたりで、

練習時間に限りがあることがあるし、

それに音楽祭に参加する理由の一つは

同じ世代の色々な音楽家や教授群と楽しく交流して

自分の視野を広げる、ということもあると思うので、

音楽祭で練習室にこもって一人がりがり練習するのもつまらない。

と言うことで、

朝から晩までパジャマも着替えず練習していますが、

時差もあり、寝坊の上に昼寝をしてしまったり。。。

ははは。