ジェームス・レヴァイン、春祭のリハーサル


日曜日の午後、ボストン交響楽団が春祭とブラームスのヴァイオリン協奏曲の演奏会をする。
今日、ジェームス・レヴァインが春祭の稽古を行うところを見学した。
自分の練習とリハーサルの合間のわずか30分だけの見学だったが
とっても面白かった。
ジェームス・レヴァインはスター・ウォーズの第二に出てくる
カエルのお化けみたいな悪者(ハン・ソロを冷凍してしまう奴)にちょっと容姿が似ているが、
今日、しゃべり方と声もちょっと似ていることがまず第一の発見だった。
そして、ボストン交響楽団も彼自身も、もう何回も演奏したであろう、
この有名な曲に、実に実に緻密に稽古をつけていくので、本当にびっくりした。
一瞬一瞬の音色から、曲を創り上げていく、と言う感じ。
「そこのところ、もう少しチューバ控え目に、高音を浮かせる感じで」
「ピッコロとフルートとクラリネット、他の木管の細かい音の邪魔にならないで、
ダウン・ビートで入る前に彼らのパッセージを聴いてあげて」
など、15秒とオケを弾かせっぱなしにしない。
そしてやり直して、指示がきちんと伝わっていることを確認すると、
必ず親指アップを出して、努力をねぎらう。
そして、指揮が割と大きく、実にはっきりしていて本当に音を体現している。
やりたいことが明確に自分で把握できていて、
それが実現できるまで妥協しない。
そしてそのプロセスを実に精力的、意欲的に、楽しそうにこなしていく。
触発された。