演奏家と、食べ物&お酒 2


今日は、タングルウッド7週間中に三日間だけある完全休日の二日目でした。
(休日第一日は6月の30日でした)
数えてみたら、あとまだ5週間近くあるタングルウッド、
それなのにこの2日目の休日が皆、もう何日も待ち遠しくて堪らず
これからどうなるのかな~、これからが本当に忙しいんだけど、と言う感じです。
昨日の夜は、休日前夜祭、と言うことでいたるところで飲み会があり、午前まで盛り上がりました。
私も2時位まで飲んでいました。
音楽家と言うのは一般的に健啖家で、美食好み、そしてお酒好きの人が多いです。
でもこれには少し、理由もあると思います。
演奏会と言うのは大体、普通の人のお仕事の後~就寝前に行われます。
私たちはその時に自分の体調が一番良いように調節しますから、
その前にご飯は食べませんし、朝は遅く、お昼寝をしたりすることもあります。
そして、演奏した後、と言うのは一種のナチュラル・ハイになっていて、
脳みそはまだフル回転しているし、気持ちも高揚していて、
そのままおうちに帰っても絶対に眠れない(少なくとも私は)。
あまりに疲れている時はそれでもバタンキューの時もありますが、
そういうときは必ず非常識な早朝に目が覚めてしまいます。
自分が演奏した曲が頭を離れずに、その夜の演奏のことをよく夢に見ます。
だから、お酒と、和やかなお食事が、ありがたいのです。
私はお酒に弱いので、それでも摂取量は少ないのですが、
凄い人はそのために出演料が。。。みたいな人もいます。
食事にも、凝る人が多いです。
ここのカフェテリアは素晴らしく、
いつも朝ごはんにはブルーベリーや、他のフルーツがどんぶりで食べられますし、
ワッフル、オムレツ、フレンチ・トースト、ヨーグルト、オートミールに各種シリアルと、
これ以上望めないバラエティーです。
夜ごはんも魚と肉、そして菜食のメイン・コースが必ず毎晩選択できます。
ちなみに今日の肉は子羊、魚はタラのソテー、菜食はパスタのクリームソース和えでした。
私の在籍するコルバーンのカフェテリアも、ここには劣りますが、
学校の賄い食としてはまず文句のつけようがないと思い(何しろ無料だし)、私は満足しています。
でも、私の友人の(19歳ですでに大学院を卒業してコルバーンに来た、ちょっと天才)のジョンは、
本気で涙を浮かべてカフェテリアの食事に抗議をし、それを理由に学校を去って行ってしまいました。
今は、他の学校で博士課程の勉強をしています。
そして、たまに一緒に食事をすると、本当に嬉しそうに
「う~ん、やっぱり美味しいものを食べると、触発されるよね。
美味しいものを食べることは、本当に大切だと思う」
と、言います。
私はそこまではこだわりませんが、それでもやっぱり美味しいものを食べることは大好きです。
今日はみんなで近くの中華料理屋さんでおひるを食べました。
ちゃんとしたアジア料理は久しぶりで、ご飯がおいしかった!
醤油味にも、ラー油にも、中国茶にも、感激しました。


2 thoughts on “演奏家と、食べ物&お酒

  • やぺた

    写真が見たいよう(ノ_・。)
    今度携帯を機種変更するときは
    ぜひともカメラ付き携帯を!
    文字だけでもかなり妄想が膨らんで、
    ご飯食べたばっかりなのに、
    お腹がすいてきたヾ(@^(∞)^@)ノ

  • makicha

    >やぺたさん
    確かに。
    携帯どころが、デジカメを購入するべきか否か
    本気で悩んでいる今日この頃です。
    う~ん、ご飯の写真も送りたいけど、
    景色の写真も送りたいよ。
    本当にきれいだし。
    夜はホタルも出るんだよ。
    昼間は野ウサギが普通に走っているし。

Comments are closed.