オーケストラ奏者について


8;40 寝坊、急いでシャワー、身支度、9時に容赦なく片付けられる朝食にぎりぎりセーフ
10   キャンパスで、研修生たちの演奏会を聴く
1    ピザパーティー
1;30  練習
2;30  ボストン交響楽団(ベートーヴェンピアノ協奏曲3番、ラフマニノフ交響曲2番)
5    練習
6;30  明日のコンサートのドレス・リハーサル(ムソルグスキー歌曲)
7;30  寮に戻る
8;30-10 練習
ヴァイオリンや管楽器など、オケに使われる楽器の奏者たちは、
定収入を得ようと思ったら、一番普通の道はオーケストラで弾くことである。
そして、オケでのポジションを得るためには非常に競争率の高い、
厳しいオーディションを通過しなければいけない。
生徒たちはよく「mock audition (模擬オーディション)と称して、
(偽)試験管の前で、15分オケの抜粋やソロのサンプルなどを弾かせられる。
タングルウッドでは、7月の上旬にこの「mock audition」が在った。
そしてオーディションで「プロとして通用する」と認められた奏者は、
ボストン交響楽団の演奏会に載せてもらえる。
明日は、これは模擬では無く、本当のオーディションが行われる。
フロリダにある、「New World Symphony」と言うオケの
欠席奏者の代理の候補になるためのオーディションである。
New World Symphony と言うのは、マイケル・ティルソン・トーマスが音楽監督の
由緒あるオケだが、奏者は2年間しか在籍できず、若い人たちが他の場所のオーディションを受ける間の
受け皿の様な存在だ。
で、オーディションを受けに行く奏者の穴を埋める代理がいるわけである。
正規の奏者にも、代理にも、待遇はとてもいいから、アルバイトのオーディションでもみんな真剣だ。
隣がチェロ、真向いがヴァイオリンを一生懸命練習している。
もう11時なのに。
私は、耳栓でもして、寝ることにしよう。