タクシーの運転手 2


自分のつばを飲み込むにも苦労する程のどが腫れて、息も苦しい感じだったので、
朝一番で病院に行った。
ちょっと遠いクリニックだったけど、この際背に腹は代えられない。
タクシーに乗った。
自分の症状が不快で、不可解で、とても心細かったのだが、
たまたま当たったタクシーの運転手がとっても明るい人だったのだ。
東洋人の50代位の人だったのだけれど、
にこにこして、「さあ~、今日はどこまで!?」とポンポンはじけるみたい。
それから5分くらい走って
「あ、ミーター倒すの忘れてたよ!良かったね~、お金が少し節約できたね~、ハハハハハ」
とっても救われた。
どういう人がどういう理由でタクシーの運転手になるか分からないけれど、
フィリップ・グラスを始めとする沢山の作曲家も有名になる前はタクシーを運転したらしい。
自分の好きな時間に自由に働けるし、結構割もいいらしい。
芸術家、物書き、色々な夢を持った人が色々な人のドライヴァーをしている。
今日は色々な人に優しくしてもらった。
クリニックに予約を取るために電話したら
「それで?今日はどうなさったの?のどがはれて物が飲み込めない?
あら~、それは大変ね~、かわいそうに。。。」
とすごく同情的なレセプショニストにも、救われた。
そして、抗生剤の注射をしてもらって、なんだかもう良くなってきているような気がする。
薬は食事と一緒に飲め、と言われたので、
スープを必死の覚悟で飲み込んだら。。。飲めた!


2 thoughts on “タクシーの運転手

  • abbros

    小生もタクシードライバーではないのですが、
    かれらと似たような暮らしです。
    ずーっと夢のことなど忘れてましたが、
    最近もう一度みようかなどと思ってますね。

  • ピアニスト、makicha

    >abbrosさん
    まだNYに移住したばかりの10代の時、英語も思うようにしゃべれないし、日常の困難につぶれそうになってとぼとぼ歩いていたら、道端で乞食をしていたホームレスの人に「Cheer up! It's Friday! (元気出して、金曜日だし)と言われて、凄く救われました。どんな状況にあっても、周りの人に明かりを照らしてあげられる人は、凄いと思います。

Comments are closed.