旅の復習 2


今回の行程はこんなでした。
1・14(木) 
8時半家を出る
8;58のNJ Transit(NJ州の電車)でNY Penn Stationに9:40着
10;15発のAmtrak(アメリカ国内を駆け巡る電車)で Rochester、NYに 4;52着
コルバーン卒業生(Rochester Philharmonicの団員とその夫)と夕食。
少し練習。
この夏のタングルウッドのルームメート(作曲家)宅に泊まり。
1・15(金) 
Eastman School of Musicでの一日
2つレッスンを受け、公開レッスンとリサイタル(ある教授の生徒たちの発表会)を聴講。
夜はMercury Opera Rochester制作の「椿姫」を観る。
その後、オペラのオケで弾いていた友達の家に泊まり。
1・16(土)
10時に友達の家を出発
11時Rochester発のGreyhound(アメリカ国内を駆け巡るバス)で、Ithaca,NYに1時半過ぎ着
2001年以来の友達夫婦(夫は現在コーネル大学職員、妻は地域の図書館館長)にコーネル大学の美術館、教会、図書館などを案内してもらい、その後ハイキング。凄い自然。滝が沢山あってそれが80%凍っている。絶景。
1・17(日)
Ithaca探検。Ithacaの町はヒッピーの町!?
またまたハイキング、そしてIthacaのビール工場でビール試飲~無料で飲み放題!
1・18(月)
9:45Ithaca発のGreyhoundでマンハッタンに3時着。
4時から練習
夜は、友達と会う。
1・19(火)
朝、練習
午後 City University of NY視察、教授とお話。
夜、マリンバ奏者、作曲家、ピアニスト、スポーツ心理学者(兼いろいろ)、絵描き、彫刻家、とお鍋大会。
1・20(水)
朝ご飯と、昼ごはんの別々の友達と約束。途中は色々野暮用。
2;30にNJ州に帰ってくる。
今回の旅で一番心に残っているのは、Ithacaで見た凍った滝です。
そういう滝は沢山あったのだけれど、どれも凄く圧倒的だった。
それから色々なところで頑張っている私のお友達たちの生き様、そして哲学。
今年の5月でコルバーンを卒業する私はこれからの人生をどこでどう過ごすのか、今考え中です。
そう言う私を多いに刺激してくれる久しぶりの再会、そして白熱議論の1週間でした。
私は良いお友達に恵まれていて、幸せです。


2 thoughts on “旅の復習

  • abbros

    ずい分たくさんの人とお話をしてきたんですね。
    対話はとっても頭の刺激になりますよね、
    自分ひとりでは思いつかなかったような考えが
    浮かんできたり。ソクラテスの弁証法を思い出します、ディアレクティクというと難しそうだけど、なんのことはない対話という意味ですよね。一人暮らしのデメリットはそういう刺激がないことです。
    わたしも対話の旅に行きたいです!

  • ピアニスト、makicha

    >abbrosさん
    そうですね、孤独も、たむろすことも、両方とも中毒性があるような気がします。私もピアノばかり弾いていると人と会うのが億劫になりますが、そうすると世界や視点が狭くなり、自分の音楽にまで影響を及ぼす、とこの頃気がつきました。でも、バランスを取るのは難しいですね。
    真希子

Comments are closed.