ヒューストンを自転車で探検!


かき忘れていましたが、先週末は月曜日がLabor Dayで日本で言う勤労奉仕の日。
同じ下宿で別の部屋を借りているソフィアと、ヒューストンのダウン・タウンに在る美術館に行ってきました。
ソフィアはフィンランド出身の生物学者です。
彼女の専門はコンピューターで生物学のデータを分析する事です。
ベテランのサイクリストらしく、私より1週間ほど遅れてヒューストンに来たにも関わらず、
凄い行動力で、ぼろぼろになるまでヒューストンの地図を研究し、
何時間にも及ぶ自転車旅行をして来ては
「今日はここに行った。」「今日はこの公園に行った」
と、地図で見せてくれます。
今では私に「新鮮な野菜とパンが欲しければここに行くべし」と、リンクを送って来てくれたりします。
「私は自転車は下手くそだからね、転んだりするかも知れないからね」と私が念を押したので、
ソフィアは後ろをチロチロ見ながら、超ゆっくり運転をしてくれました。
でも、ヒューストンは並木道がとても美しく、ダウンタウンは歩道が広々としていて堂々と自転車で走れ、
美術館までの道のりもとても楽しかった。
そして美術館自体も素晴らしかったのです。
二棟ある、とても大きな美術館で、全部見る事は初めからあきらめて、
ソフィアの要望でアメリカン・アートに集中する事にしました。
18世紀~現代まで実に豊富なコレクション。
しかもキューレーションがきちんとしているので、年月の流れが如実に分かるようになっています。
でも、アメリカはやはり1960年頃まではヨーロッパへの劣等感が強かったんだなあ、と思いました。
私はアメリカ物はそれ以降の物の方がずっと好きです。
初めて、お家とキャンパス往復以外の自転車の有効利用をしました。
突然グッと、ヒューストンが身近になりました。
ソフィア、ありがとう。