予告編


私はヒューストンに移住する前、4年間ロサンジェルスにいたのだが、そこの日本人・日系人コミュニティーに思いがけないほどの手厚い支援を受けた。ロサンジェルスの日本人・日系人と言うのはニューヨークのそれとはまったく異なって、アメリカにしっかり根をおろして、ロスを故郷と思っている人達が多い。ニューヨークの日本人がいかにも日本から来て日本に帰って行く一時滞在者たちなのとは正反対である。そのせいか、結束も強い。そして日本語新聞、日本人・日系人用サービス、イベントなども数多く、ロスで放映する日本語テレビチャンネルは何と2つもあるのである。
そのうちの一つ、NTB(Newfield Television Broadcasting)と言うチャンネルに私は特にひいきにして頂いた。2009年の12月13日には私と私のロスでの学校コルバーンを取り上げた特別番組まで放映してくださったほどである。(ご興味がお在りの方はこちらのURLをご覧ください。http://www.soto-ntb.com/program/program-2009-12-13/ 私の出番は30分の番組の16分20秒からです。)そしてロスを去る直前、社長から「5分くらいずつの番組で、短い曲の演奏と音楽に関するシリーズを作ってみないか」と言うお話を頂いたのである。私は恥ずかしいほどの機械音痴なので、有難いお話しにも関わらず躊躇していたのだが、ライスの素晴らしいディジタル・メディア・センター(録音・録画機械の無料レンタルや、使い方のサポートなどを行っている)の存在を知って、やってみる気持ちになった。さらに「何でも良いから自分のキャリア促進の為のプロジェクトを一つやって発表する」と言う今学期最後の博士課程の自由研究の締め切りが迫るにあたり、今週末とりあえず一、二本、製作してみるつもりである。
学校に提出する、と言う事もあるし、Youtube にも載せたい、と思っているので、日本語と英語で同じ内容の物をそれぞれ二本づつ作って行きたい、と思っている。そうすればより多くの人々に見てもらえるのではないか、と言う狙いである。例えば英語を学びたい日本人、日本語を学びたい英語人。それから国際結婚や、移民の家族などでバイリンガルの家族にも一緒に楽しんで頂けるのでは。。。と願っている。
最初のエピソードは「音楽の生態」。脈=拍、息=フレーズと言うのを実際に弾いてデモンストレーション。
お楽しみに!