ニューヨークのインフレ


 ニューヨークでとても有名な ”Gray’s Papaya” というホットドッグ屋さんがあります。ウィンナーは少し小さめだけれど、玉ねぎのケチャップ煮とキャベツの酢漬け(ザワークラウト)をどっさりのっけてパンにはさんでくれます。ある映画ではホームシックな恋人の為に誕生日にそのホットドッグを中西部まで宅急便で送らせる、と言うシーンが出てくるほどのニューヨーク名物です。その理由はやはり美味しくてしかも安いからです。2000年にこのホットドッグは50セント(約60円)でした。しかし2002年に75セントになり、今年日本から戻って昨日はじめてこのホットドッグを買い求めたら、何と95セント(114円)になっていたのです!!これは4年にして倍の値上がり!
 これは極端な例としても、ニューヨークの地下鉄1回の乗車料金も、私がニューヨークに住み始めた1993年に1ドル25セント(145円)だったのが2004年現在2ドル(240円)になっています。それに比べジュリアード音楽院から伴奏者に払われる時給は2000年の14ドル25セント(1710円)から値上がりはしたけれど、2004年現在16ドル(1920円)です。何か割に合わない、インフレを肌で実感する今日この頃です。
 でも、私は今ジュリアードでとても楽しく毎日過ごしています。ここで正式に伴奏者として雇われた2000年、私は兎に角練習室が使いたかっただけで仕事は欲しくなかったので隠れてこそこそ一日中練習室にいました。でも段々と自信と気持ちの余裕が出てきて、ジュリアードにいることを大いに楽しもうと思い始めて、今本当に楽しいです。お友達も沢山できたし、上手い子と一緒に弾くと本当に刺激を得られるし、レッスンでも教授が生徒もピアニストも同じようにしごいてくれます。ヴィオラの先生に「もっとブラームスっぽい音を出して!」とヴィオラで手本を示されたりします。図書館も宝庫と言う感じで、練習中ちょっと疑問が湧いたら階段を一階駆け上れば何でもすぐ調べられるし、録音も一杯あるし、、、、、とっても幸せだなあ!