コンサートの後で


 昨夜、ジュピター演奏終了後打ち上げにも出席して11時過ぎ、地下鉄の駅から家まで歩く途中のお話。
 この辺りはラテン系の人が中心の界隈で、ご存知の通り、ラテン系の男性と言うのは、超ナンパ。手当たり次第、声をかけていると思われるのですが、昨日の夜歩いていたら、「コンニチワ」と言われた。
 しばしば「ニーハォ」とか言われるし、たまに「アンニョン」とかも言われるけど「コンニチワ」は初めてで、(お、兄ちゃん勉強したな)と思いながら、知らん顔で通り過ぎようと思ったら、「カワイイデス」と来た。
(もっと言ってくれてもいいよー)と思いながら、笑いで肩が震えるのを抑えながら歩き続けていたら「デンワバンゴウ クダサイ!」とすでにかなり背後になっていた兄ちゃんが叫んだ。
 この兄ちゃんはどういう言われでこれだけの日本語を身に着けたのだろう。とても愉快。爆笑しながら振り返ったら、とても無邪気な満面の笑みを浮かべていた。
 きっと通じて嬉しかったのだろう。