ニューヨークのクリスマス No.1


 日本でのクリスマスはいかがお過ごしでしたか? NYのクリスマスもなかなかですよ。
 昨日はジュリアードでお世話になってる教授夫妻のお宅へお邪魔してきました。
 この奥様は私がああいう風になりたいなあと憧れている人で明るくて、情熱的で、エネルギッシュで、いつもスパッと思う事を言ってかっこいいのです。この頃一緒に仕事をさせていただく事が多いのですが、一度マンハッタンのずっと北にある大学の発表会の仕事でドライブして連れて行っていただいた時、お互い凄く食に興味があることが判明して(勿論私はただの食いしん坊で、あちらは筋金入りのグルメ料理人なのですが)今回クリスマス・ディナーにご招待いただくことになったのです。
 まず、生ハムで干しイチジクを包んだのや、フォアグラのパテや、ドライトマトのパテ等のアペタイザー
次にフォアグラのドレッシングをあえた、アルーグラのサラダ
メインが私の胴体くらいある羊の足をハーブにマリネして丸焼きしたもの、それと醤油とみりんと大量の大蒜のローストビーフ。
そのサイドディッシュには非常に美味しいローストアスパラガスと、パルミジャンチーズをかけて焼いた芽キャベツ!
 どれも全て奥様のお手製なのです!
そして出てくるワインは全てご主人である教授の講義つきスパニッシュワインの数数で、普段余りアルコールは頂けない私も沢山飲んでしまいました。どれだけ美味しかったか分かるでしょう。
 そのパーティーでも音楽に極める人は舌も肥えていることが多い、という事が話題になりましたが、あれは本当に凄かった。そして非常に幸せだった。
 日本でも大分ニュースになったようですが、マンハッタンの地下鉄とバスのストの間、私はほとんどニュージャージーにある高校時代のホームステー先に身を寄せて練習しながらやり過ごしましたが、二度ほどどうしても顔を出さなければいけない用事でニューヨークに参りました。
 ペン・ステーションからジュリアード(66丁目)まで歩く訳ですが、まあ歩行者が普段より多いとは言え、パッと見には割りと普通な光景なのですが、話しかけてくる通行人が多い!皆非日常的ハプニングを楽しんで、うきうきと連帯感を感じているらしいのです。
 私はピザ宅配のお兄さんと57丁目から64丁目まで、ストライキの権利の是非について語り合いました。あっぱれ、ニューヨーカー!
 それにしても、中国から来た同業者の友達が何気なく「中国だったらストの責任者は死刑だよ。。。」と言ったのに、ショックを受けました。
 何にせよ、クリスマスまでに無事終了してくれて、よかったです。
 皆様、お体にお気をつけて日本の御年越し、そしてお正月を私の分まで満喫してください。
2006年もよろしくお願いいたします。