最少の努力で最大の効果を上げる、と言うこと。


最少の努力で最大の効果を上げると言うのは、怠けるのとは違う。
物凄い想像力と工夫の努力が必要で、
しかも時には周りから疑念を持たれてしまったりしながら
信念をもってパッと見には回り道に見えることを地道に続けたりしなければいけない。
練習していて思ったことだけれど。
子供は絶対大人に教わらなきゃ自分からは習得できない。
子供はエネルギーがありすぎて、
がむしゃらに頑張ることで何とかこなしてしまおうとする。
この視点は大人だからこそ、の宝物。
大事に発掘していく。
覚書き、です。