メアリーポピンズ、ありがとう! 6


メアリーポピンズは、子供のころに家族で一緒に見た。
子供のころ、そう言えば両親は教育的だと思われる映画を小まめにヴィデオに撮ってくれ、
週末にみんなで一緒に見た。
楽しい思い出だ。
ついでに子供にふさわしくないと思われるキスシーンや、暴力シーンは
早送りされ、私の想像力を多いに書き立てた。
メアリーポピンズは元々子供用だから、早送りの必要は全くなかった。
先日、思い出してYouTubeで見てみた
ジュリーアンドリュースの歌う「Spoonful of Sugar」。
お部屋のお片付けを嫌がってぐずる子供たちに
家庭教師として雇われたメアリーポピンズが
「どんな仕事にも楽しさは隠れている。
その楽しさを見つけることさえできれば、知らない間に仕事は終わっている」
と諭して歌う、歌である。

多忙でも、楽しみ気持ちと笑顔を忘れずに!
このヴィデオは素晴らしい!


6 thoughts on “メアリーポピンズ、ありがとう!

  • ピアニスト、makicha

    >せいちゃんさん
    私の自慢の妹は実はかつて宝塚の舞台進行だったって、ご存知でした⁉子供の時からサウンド・オブ・ミュージックを始め、色々なミュージカルを見ながら一緒に歌って踊って育ちました。
    マキコ

  • せいちゃん

    ゲゲゲ!そうなんですか!何度か宝塚に仕事では行っていましたが、歌劇場には行かなかったんです。手塚治虫さんのファンクラブに入っていた僕としても行きたかった!

  • せいちゃん

    >ピアニスト、makichaさん
    手塚治虫さんは、宝塚が大好きでした。宝塚に20年間住んでいたせいかもしれません。その影響は、リボンの騎士のような少女漫画を描かせました。今、宝塚歌劇場の近くに手塚治虫記念館があります。

  • ピアニスト、makicha

    >せいちゃんさん
    せいちゃんさんの最初のコメントをいただいて、リボンの騎士の事は思い出しましたが、そういうコネクションがあったとは…
    新発見です!
    マキコ

Comments are closed.