コルバーンのオーケストラ・コンサート 2


昨日のスケジュールはこんな。
7時起床、身支度、朝食
8時20分 指揮のヴィデオの編集をフルートの子に手伝ってもらって始めようとする。
8時40分 ドレス・リハーサルの為、会場に向かってバス出発
10時   ドレス・リハーサル
12時半  バスで学校に戻る
1時半   学校着。皆でお昼
2時。    指揮のヴィデオの編集、さらなる試み。。。
3時     ちょっと練習、昼寝、その他
5時15分 学校が生徒の為にピザを大量にオーダーしてくれる。皆とワイワイ食べる。
5時45分 身支度、ドレス・アップ
6時15分 会場に向けて、バス出発
8時    本番
11時   本番無事終了。バスで学校に帰って来て、皆でちょっと集まっておだべり。
このコンサートは私にとってはコルバーンで卒業前最後のコンサートとなった。私の尊敬する先生で在るジョン・ペリーがラフマニノフの協奏曲2番で独奏をしたし、その他の二曲は私はオケ・ピアノで乗って、両方ともかなり目立つソロの多分にあるパートだったので、とても張り切って挑みました。
今日本当に何度も感じたのは、この学校は本当に生徒同士の結束が強いなあ、と言うことです。例えば私は機会に弱くて、収録した自分の指揮のヴィデオを編集してDVDに焼くことが出来ずに、ストラヴィンスキーのオクテットで弾いてくれたフルートの子に手伝ってもらうことにした。問題は中国人の子から借りたヴィデオ・カメラを使った為、出てくるインストラクションが全て中国語で、二人とも全然読めなかったことだ。こんなに忙しい日だったのに、彼はのんびりといつまでも気前よく色々試してくれ、結局だめだったら「じゃあ、明日また中国語が読める子に協力してもらってやってみよう!」といつまでも朗らか。
そしてドレス・リハーサルから帰って来て皆お腹ペコペコでカフェテリアに直行中に、一人がいきなり叫んだ。「ナイジェルの結果発表が今進行中!」ナイジェルと言うのは私の四重奏のヴァイオリニストで、この間アイスランドでの火山が爆発した直前、ノルウェーのコンクールに向かって旅立った子だ。火山の噴火で飛行機が予定外の所で不時着し、電車を乗り継いで現地入りしたのが、予選の前夜遅く。それでも何と、メニューイン・国際コンクールと言う難関をどんどん勝ち進み、最終選考の4人まで残っていた。叫んだ子はお母さんと電話で話していた最中で、お母さんがインターネットの前で表彰式の実況中継の模様をその子に口頭で教えていた模様。その子の叫びに皆がどっとその子の前に集まった。4位が発表される。ナイジェルじゃ無い―皆、歓声を上げる。ここで進行の人のスピーチが一しきり在り、皆ぶーぶー文句言うが、でも誰も離れて食事を取りに行くことをしない。3位発表―ナイジェルじゃ無い!ところがここでコンクールのHPの実況中継が固まってしまった。余りにこの中継を見ている人が多くて、インターネットが作動しなくなってしまったのだ。皆ここでやっと食べ物を選んだり、席について食べ始めたりした。その間もずっと話題はナイジェルの事。結局インターネットの渋滞が解消してナイジェルが2位だと判明したのは小一時間経ってからだったが、それでも皆凄く興奮しっぱなしだった。
良い学校だなあ、と思う。オーケストラのコンサートは大成功でした。
明日はオーボエのリサイタルで弾きます。シューマンの3つのロマンスと、ラプソディー・イン・ブルーのオーボエとピアノの編曲を弾きます。


2 thoughts on “コルバーンのオーケストラ・コンサート

  • abbros

    あすもまた頑張ってください、いい日でありますように。コープランドの本、読んでいます。なんとか理解できそうですが、二度三度読んでみるつもりです(英語と音楽のお勉強!)。

  • ピアニスト、makicha

    >abbrosさん
    凄く、嬉しいです。コープランドの本は、私がとても好きな本で、音楽家で無い人にクリスマス・プレゼントで上げたりしたこともあります。楽しんで、ゆっくり読んでください。
    真希子

Comments are closed.