今週末はハーモニアム!


今週末はこのオケ曲のハーモニアムパート担当です。

https://youtu.be/wmMpbGdrivA

ハーモニアムと言うのはペダルオルガンの事です。

アコーディオンとパイプオルガンの中間と思ってください。

小学校の教室に置いてあるペダルオルガンの豪華版です。

ストラウス、マーラーなど19世紀末、20世紀初頭の作曲家は好んで使います。

昔はペダルで空気を楽器に送り込み、それで音量を調節することもできたのですが、

今は大抵のハーモニアムは電気で空気を送り込んでいるため

微妙な音量のコントロールはしにくくなりました。

奏者の運動量は減りますが。

膝を開いたり閉じたりすることでコントロールする「ニー(Knee)ペダル」があり

右のニーペダルは音量、左のニーペダルはオクターブを足したり引いたりするのに使いますが、

私が今回弾いているハーモニアムは右のニーペダルが馬鹿になっています。

ピアノに比べると、実に非音楽的な鍵盤楽器だ…

でも、オケと弾くのは楽しいです。

ソロでも、オケの一パートでも、息と気持ちを一つにしてハモると言うのは音楽人生の醍醐味。

今回一緒に弾くオケはヒューストンでも重鎮。

今年10周年記念を迎えるリヴァ―オークス室内楽団。

http://rocohouston.org/

このオケはユニークな理想を掲げた演奏活動を行っており、

その為に色々表彰されたり、メディアで取り上げられたりもしています。

例えば、聴衆との距離を縮めるため、

毎回演奏会の度に抽選で四名の人が最初の曲だけ、壇上でオケ奏者に交じって聞きます。

それから、地域のボーイスカウトや、日曜学校など、子供のためのグループを招待して、

演奏会全部ではなく、2曲くらい20分だけホールで聴く「演奏会初体験」もやります。

子供たちの入場は会場全体にアナウンスされ、

壇上の奏者も聴衆も一緒になって拍手で迎えます。

また、健康上の理由から会場に足を運べないご高齢の方々のために

地域の介護施設と提携して、演奏会の録画がダウンロードで観れるようになっています。

また奏者同志の関係も良くするためにも、色々な試みがされています。

例えば、午前と午後のリハーサルの間の一時間に豪華のお昼がケータリングされます。

皆、テーブルクロスのかかったテーブルで座ってお昼をいただきながら歓談します。

それから一つのプログラムのリハーサル・演奏中に必ず一回は

誰かのお家でピザパーティーが開かれます。

オケの鍵盤パートと言うのはあまり多くありません。

だからいつもエキストラ状態なのですが、

それでも私がリハーサルのために会場入りすると、

色々な人が笑顔で手を振って、迎えてくれます。

仲間、そして同志です。

さあ、リハーサルに行く準備をするぞ!

行ってまいります。