いよいよ明日みなとみらいです!


今日は体力温存の日。
明日はいよいよみなとみらいです!
美しいホール、良く鳴る音響、そして完璧に調整されたピアノで
聴衆の方々と再会できるのは、本当に音楽人生冥利に尽きます。
私の演奏会は今年で16年目になりますが、
16年前から毎年欠かさず来てくださっている方々もおられます。
例えば私が小三の時に担当してくださった恩師のS先生。
幼少の頃、私の最初の先生をご紹介してくださったBおじさんとその奥様のNおばさん。
修士時代のクラスメートで現在は大活躍、音楽ジャーナリストのKさん。
そして久しぶりに来てくださる事が分かっているN校長先生。
音楽同志のKちゃん。
さらに今年は初めていらしてくださる方々も沢山いらっしゃいます。
色々なご縁で普段はあまりクラシックにお馴染みで無い方々も今年は多くいらっしゃいます。
皆さまに、心からくつろいで、楽しんで頂くためには、
どのような演奏で共感を促し、音楽を通じた会場の連帯感を強め、
そしてどのようなトークで演目を弾き進めていけば良いのか。
皿洗いをしながら、論文のリサーチ用読書をしながら、
ご飯を食べながら、イギリスのEU離脱のニュースに驚きながら、
頭の後ろはいつも明日の演奏会の事を考えている自分が居ます。
ワクワク。
音楽人生万歳!