来月の日本公演の告知です。


今日は、今年で17年目になる私の夏での日本公演の告知をさせてください。6月17日、土曜日の13時半開演、品川きゅりあんを中心に千葉や群馬まで足を延ばし、色々なところで弾かせていただきます。

沢山の方々に応援やご支援を頂き、今年ついに音楽博士の学位を取った!その感謝の気持ちを込めて、経て来た修行と勉強の結果、今の私が一番弾きたい曲たちを集めてみました。題して「天上の音楽vs。地上の英雄」。前半「天上の音楽」ではバッハの傑作、ゴールドベルグ変奏曲を、そして後半「地上の英雄」には、音楽に於ける「英雄像」を最初に体現したベートーヴェンのソナタ1番、ショパンの英雄ポロネーズ、そしてリストのメフィストワルツ、等を弾きます。

天上の音楽と言うのは古代ギリシャの音楽に対する考え方です。動くもの全てに音がある、と考えた彼らは、星も動く、だから音がある、と考えました。天上を一番適確に反映する事が出来るのは音楽だ、と彼らが考えた理由には数学者のピタゴラスが居ます。ピタゴラスは協和音が整数の比例で表すことが出来る事を発見したのです。例えば長い弦がドの音で響いた時、その弦を半分、つまり2:1の長さにすればオクターブ上のドが出る。3:2はドからソまで、4:3ならドからファ、と言う具合です。音楽は数字の体現だ、数字は絶対的な真実だ、だから音楽は天上をも反映する…「天上の音楽」の始まりです。この天上の音楽と言う考え方はクラシックに大きな影響を及ぼしています。コペルニクスやガリレイが実際には「天上の音楽」は在り得ないと立証した後でも、バッハの時代にも、です。バッハは数字に非常なこだわりを持っていました。例えば、ゴールドベルグは冒頭に少しお聴き頂いたあの有名なアリアから始まり、30の変奏曲を経た後に、もう一度最初と全く同じアリアを演奏して終わります。つまり、32のセクションから成る訳です。そしてそれぞれの変奏曲は32小節から成っています。さらにさらに、バッハにしては珍しく生前に出版されているこの「ゴールドベルグ」、初版のページ数は…32ページ!しかもこれはファクシミリで観ると分かるのですが、無理やりそうしている感じなのです。そして今の例は全く表面的な事で、曲を分析すると、摩訶不思議な事がわんさか!人間が作ったとは思えない精巧さなのです。

地上の英雄では、啓蒙主義から始まった思想革命、フランス革命を始めとする政治革命、工業革命など結果、個人の個性や思想・感情と言ったものが非常に重要視されるようになって来ていた激動の時代、英雄崇拝がクラシック音楽を大きく影響したことを取り上げます。混沌とした運命に勇敢に立ち向かい、チャレンジを制して、勝利と歓喜を手に入れる。この構図の象徴となったのがベートーヴェンです。彼の曲風にもそういうテーマは多かったのですが、彼の難聴・失聴、その後自殺まで考えたが「作曲に生きる」と決め、天才として名を遺した、と言う人生そのものにもこの構図は当てはまります。超絶技巧のピアニストも英雄視されました。当時、ピアノは劇的に進化を進めていました。そして量産もどんどん倍増されました。ピアノと言うのは、工業革命の象徴になったのです。「機械に人間性を乗っ取られるのでは」と言う工業革命以来の不安が、ピアノを制して劇的に音楽を繰り広げるピアニストを「英雄」にしたのです。ショパンの英雄ポロネーズとリストのメフィスト・ワルツはそう言う風潮の落とし子です。

前半と後半では、ガラリと音世界が変わります。丁度、ヨーロッパがその時代、ガラリと変わったように。音楽は勿論、色々な面からお楽しみいただけるプログラムを目指して、頑張ります!是非お越しください。

チケットのお買い求めはこちらからどうぞ。

6月17日(土)13時半開演。品川きゅりあん http://makiko0617.peatix.com

6月22日(木)13時半開演。千葉美浜文化ホール http://makiko0622.peatix.com