時間配分の術


毎日ぎっしり!
しかし、ヨーガには欠かさず通っている。
今まで私は一日これだけ集中!と言うスタイルの頑張り方が多かった。
「今日は起床から就寝まで練習のみ!」とか
「朝一で図書館に行って、半徹してペーパーを仕上げる!」とか
「今日は一日何もしない!休みの日!」とか。
でも、ヨーガをやるようになって
「ヨーガの前・後」と区切りが出来るようになった。
院生・教授のためのヨーガのクラスは月曜日から金曜日まで毎日正午か5時半からある。
その日の都合によって正午のクラスにするか、夕方のクラスにするか臨機応変だが
「ヨーガまで練習して、ヨーガの後は論文執筆」とかやると
限り在る時間内でヨーガのクラスまで頑張る!とするから
(こんなに長時間頑張っているんだぞ!)と自己満足に浸りながら
だらだらやるよりもずっと、効率も気分も良い。
ただ問題は。
「論文のため」のはずの時間に論文を全然出来ていないこと、である。
なぜか。
論文はコンピューターで書くから、である。
コンピューターを立ち上げる。
最初にメールチェックをしてしまう。
受信箱にはメールがどっさり。
一通ずつ対処していると一つの用事が次の用事へとつながり
そうしているとまた新しいメールが新着していたり。
ちょっと息抜きにFacebookを見る。
メッセージがある!
応対していると、日本の友達からチャットで話しかけられる。
「おお!久しぶり!!!」
「何しているの?」
「えっと~、論文を...」
書いていない!!
...
理想的には論文と練習だけできれば良いのである。
でも、練習は演奏のため。
演奏には広報のこと、演目や広報のための情報の提出や、
旅程の手配や、お金の計算や、色々色々あるのである。
それ以外にも、皆どうやって時間のやりくりしてやっているんだろう、
日常生活の諸々。
さらに、地域の短大で教えることになった!
(これについては授業が始まる来週以降にまたご報告します)
一クラスだけ、週二回、それぞれ1時間40分の授業で
もらえる報酬はすずめの涙なのだが、
まあそろえる書類、提出する文献の多いこと!
そしてそれに関連して応対するメールも数少なからず。
さらに将来の検討。
金策。
コンピューターを開けると、世界と人生が私を待ち受けている。
これにどうやって上手く対処して、
ある程度無視して、
論文を書く時間はそれに専念をするか。
...と、言いながら、ブログを書いている私です。
論文、書け!