「口がさびしい」のは実感が乏しい時!?


「博士論文執筆中に太った」と言う人は多い。
受験勉強中も、同じだと思う。
私も何かに付けて食べたくなる時がある。
今読んでいる文献は、19世紀の音楽史を理解する上ですごく重要らしいのだが、
原語がドイツ語で、その英訳を読んでいる上
言及する概念も政治史、哲学史、美術史と、私の及ばない分野にどんどん行ってしまう。
それに何しろ文章が長い!
特に長い文章を数えてみたら9段もあった!
ので「~がああ~~~~、何を言ってるんじゃ~~」と分からなくなって
何度も読み返している内に目も頭もさまよって来て
気が付くと頭の中は全く関係ない事を考えたりしている。
(そう言えばMちゃんにご飯さそわれていたな~)とか。
今まで自分が考えるに及ばなかった考え方とか情報と言うのは、中々消化しにくい。
そういう時に、気が付くと口がさびしくなっている。
知識が頭で消化できないので、せめてカロリーを胃で消化しようとしているのだろうか。
今、ホットチョコレートをグッとあおって、
そのあまりのコクの深さにハッと思い当たった。
口がさびしい時に口にしている物は、ちゃんと味わって食べていないものが多い。
よし、「実感」をテーマに、まず食べるときはきちんと味わおう。
そして、分からないときは「分からない」と実感しよう。
どうやったら分かりやすくなるのか、工夫してみよう。
それでも分からなかったら深呼吸とかストレッチとか、
ちょっと視点を変える努力をしてみよう。
そしてできるだけチャレンジ精神で
知識を食べるつもりで口で発音しながら、情報をかみ砕いて行こう!
頑張るぞ!