イヴェントとしての食


そ、そう言えば大昔し入院している時も食がビッグイベントだったよな~、
と、タイトルを打ち込みながら思い出しました。
が、今日のブログは「論文執筆ばっかで食しか楽しみがありませ~ん」と言う
侘しい物ではありません。
私の食生活がいかに、いかに素晴らしいものか、と言う自慢話です。
まず、私は最近、一人ご飯がすごく少なくなっている。
一人で食べるときは大抵論文を書きながら、ワンパターンの健康ヨーグルト!
材料:
ヨーグルト(半カップ)
自家製豆乳(半カップ)
黒ゴマ黄粉(大匙山盛り一杯)
100%カカオパウダー(新陳代謝を高める効用がある。そして美味しい)
麻の実(大匙一杯)
フラックス・シード(亜麻仁種子?大匙山盛り一杯)
プルーン(3)
バナナ(半分)
ひまわりの種(殻は剥いてある、中身はナッツのような感じ。一掴み)
かぼちゃの種を炒ったもの(これもナッツのような感じ。香ばしい。一掴み)
混ぜて、食べる。終わり。

これは低糖、高タンパク、そして大腸善玉菌の強い味方!
と、言うことでできるだけ頻繁に食しています。
そして、じゃあ一人で食べていないときはどう言う物を食べているかと言うと…
まず、最近発見したのは納豆みそ汁!
噂には聞いていたものの、いささか試す気がしなかった納豆汁。
しかし最近、大腸善玉菌に熱情を持つ、心強い勉強仲間を見つけ、
一緒に勉強をする度に健康と私的経済発展と時間節約のため
納豆汁とか、納豆みそ汁、とかキムチ納豆みそ汁とか、
兎に角そう言う物を、感嘆しながら食べている。
納豆汁は素晴らしい!
概念的にはぞっとしないが、よ~くかき混ぜて納豆菌を活性化させた納豆の上に
具だくさんのみそ汁をかけてかき混ぜると、
あら不思議!
とろろ汁のような感じになるのである。
そして、これが本当に美味しいのである!!
更に私は最近、適当な頻度でグルメなお夕飯をイベント的に食べている。
この間は雉の肉の中にフォアグラを差し込み焼いたものが野菜のごった煮
(非常に美味しい:特にその抽出液がなんとも言えない)の上に乗っかってくる、
と言うお料理を頂いた。
しかもゴージャスな事に非常に気前のよい黒トリュフがまんべんなく削って乗っかってくる。
今思い出しても幸せな気分になる。
美味しい物を、コンサートを拝聴するように、一口一口味わって食べると、
生きる活力が出てくるし、
この料理が私の口に届くに至る長~い歴史と行程を想って
「人間みな兄弟!みんな、ありがとう!私も頑張る!」
と言う気持ちになる。
その思い出をこうしてブログにつづって気分転換をした後は
さ、マキコさん、頑張って論文の続き!