一件落着


この前ヒューストンバレーのジゼルを観に行ったとき。
少しおめかしをして、うきうきして行った。
ヒューストンバレーの公演はWorthamオペラ劇場である。
吹き抜けで物凄く天井が高くて、内装もモダンでかっこよくてシャンデリアが一杯あって
いかにも「劇場に来た!」と言う非日常性を醸し出し、ワクワクさせてくれる。
そこのロビーで警官に呼び止められた。
「失礼ですが」
警官に呼び止められると「私何、悪い事したかな?」とちょっとドキドキしてしまう。
「なんでしょう?」
「失礼ですが、あなた楽器を弾かれませんか?」
警官の方もちょっと緊張している感じ。
「ハイ、私はピアニストですが…」
答えたとたんに警官の顔が緩み、大きな笑顔から歯がこぼれる。
「覚えていませんか、私のことを!」
「ごめんなさい、ちょっとすぐに思い出せないのですが…」
「ほら、クリスマスの頃コンサートで護衛をしたでしょう?」
そうだった!
貧困家庭に保存食を贈るために入場料の代わりに保存食の寄付をお願いする演奏会で、
私はあのころまだストーカー騒ぎで、警官の付き添いが付いたのだった。
あの頃は演奏会がある度に警備の手配とか、大変だった。
あの演奏会も、(警備を雇うお金もチャリティーに回せたのに)と、
大変悔しい思いをしたのだった。
ああ、そうだった、そうだった!
どの会場でも私の護衛に当たってくれた警察官は皆とっても優しかった。
そしてトイレに行くときもついて行ってくれて、ちゃんと外で待ってくれて
私を本当にお姫様のように大事にしてくれた。
演奏中は客席が全部見渡せる席に座ってくれて、
いつも私は演奏に専念が出来た。
でも、あんまり一杯色々な機会に警察官がいたし、皆いつも制服だったし、
その時は一人ひとりを名前で呼んでいたけれど、
でもその名前ももう全部忘れてしまった。
ああ、あれから月日が経ったんだなあ。
「あの件はどうなったのですか?」
「ああ、彼は牢屋に行きました。
出てきてしまいましたが、でもこれから5年仮釈放ですし、
私は接近禁止令で守られています。
もう安心しています。
あの時は本当にお世話になりました。」
「ああよかった、元気で居てくれたのなら良いのです。今日は嬉しい!」
もう、あれから一年以上経ったんだ…
そして今、私は本当に元気で毎日練習と演奏活動と論文執筆に燃えている。
朝は走って、食生活を真剣に考えて、沢山笑って、将来が楽しみで、
幸せに、幸せに、暮らしている。
これも皆、沢山の人が、私がこうして事件から前進できるように
少しずつ少しずつ協力して、私の事を支援してくれたからなんだ。
彼がサイコパスだと分かってから、サイコパスについて色々調べた。
サイコパスは普通の人間と脳の仕組みが少し違うらしい。
人が痛みを感じているのを見て、自分も同情して痛みを感じたり、助けたいと思う、
そう言う人間らしい反応がサイコパスの脳にはおこらない。
サイコパスの傾向を持った人と言うのは圧倒的に男性が多く、
傾向を持っただけならば100人に一人と意外と多い。
そして、皆が犯罪者になる訳では無く、
例えば執刀医や軍人や政治家、会社の重役や金融関係には
サイコパスの傾向を持った人が割と多くて、業績を上げたりするらしい。
サイコパスは人の痛みで自分が不快感を感じないから、
人を利用したり、騙したりして、自分の得になるように行動する。
だから怖いし、そういう行動が普通の人には不可解だから、だまされてしまう。
でも、最終的には、サイコパスは弱いんだ、と昨日思った。
私たちは結束する。
私たちは、一緒に繁栄したい、共感したい、一緒に幸せになりたい、
と言う気持ちでお互い協力しあって社会を動かしていく。
最終的には、私たちの方が強い。
だから、演奏会が開かれる。
だから、バレーの公演がある。
だから、チャリティーコンサートでお金が集まる。
だから、私がサイコパスに付きまとわれたとき、皆私を守ってくれた。
それが分かっただけでも、私はこの経験を踏まえて、良かった。
あの警察官は、私が元気で前進していること、
事件なんか忘れてバレー鑑賞に来ていることを、本当に喜んでくれた。
それだけでもう、私たちは大勝利なんだ。
サイコパスなんて、本当に寂しい、惨めな、可哀想な存在だと思う。
私は、私でよかった。
こんなに沢山仲間が居て、音楽があって、楽しみな事が沢山あって、本当に幸せ。
この件はもう、私の中では決着がつきました。
今日で終わり。