文武両道!


私がここで言う、「文武両道」の『武』の方は、練習の事である。

運動もまったく不足しているのだが、非常時なので冬休み(あと一ヶ月ちょっと!)まで目をつむる。

今、勉強が大変!

図書館リサーチ法(Bibliography)のクラスが色々な辞書の出版社、編集者のバックグラウンドを調べ、記事の信憑性を評価する、とか、膨大にある音楽百科事典の類のタイトル、用途、年月日などを覚える、とか兎に角時間がかかる宿題が多い。それに加えて、中世音楽の試験が来週の木曜日にある。さらに、指揮のクラスでは段々責任や担当曲を増やされ始めた。これは大変光栄な事なのだが、指揮法を学ぶ、と言うより半分は指揮する準備のための勉強方を教わっている、と言う感じで、でもこれを実践しようと思ったらそれなりに勉強時間を割かなければいけない。

しかし、ここで練習を割愛してはピアニストがすたる!

今練習中なのは、4月20日に演奏するメシアンの『天の都市の色彩(Couleurs de la Cité Céleste )』、

11月11日に演奏するSteven Stuckyと言うアメリカ人作曲家の「アルバム・リーフス」

11月4日にゴールドベルグCDリリース祝賀会があるので、そこでちょっと弾くためにゴールドベルグ、

11月5日にオーケストラの定期演奏会で弾く、レスピーギの「ローマの松」のピアノパートと、

バルトークの「舞踏組曲」のチェレスタ・パート。

そして特に演奏予定は無いけれど、この冬NYに滞在時にクローデ・フランクに聞いてもらいたい、

ベートーヴェンの協奏曲4番。

毎日最低2時間半は練習、が目標である!!

そして指揮は毎日30分。

睡眠は出来るだけ削らず。

気分転換にストレッチやその場でジョギング。

好きこそ物の上手なれ、それぞれその時やっている事を『楽しい!』と思う気持ちを忘れない!