ヒューストンに帰ってきました。


この夏の日本での7週間は本当に感慨深い物になった。
「ブラヴォー」を沢山出してくれた皆様、ありがとうございます。本当に嬉しかった。
私の演奏会の2回、3回といろいろな会場まで足を運んでくださった皆様も、ありがとうございます。
ステージに上って「あ!また○○さんがいる!」と発見するのはいつも勇気付けられます。
私の日本での演奏活動を最初に進めてくださって以来、ずっと支援してくれている「世界で活躍する演奏家を応援する会」、「平田真希子を応援する会」に加え、今年は千葉で新しく「平田真希子応援団」が発足され、今年は3回千葉で弾きました。新しい聴衆の皆様に沢山めぐり合え、暖かく迎えてくださって、本当に嬉しいです。これからもよろしくお願いします。
私の演奏、あるいは活動に個人的に意味を見出して、自分の人生での挑戦や、思い出と照らし合わせ、私と一その感慨を分かち合おうと語りかけてくださる、お手紙を下さる皆様、ありがとうございます。
私の広報を手伝ってくださろう、と勢力的に新しいアイディアをどんどん発案してくださるIさん、日本文化、アジア文化、そして新しい世界観をご紹介くださり、私の音楽観をより深くしてくださるKーさん、
そして私に練習場所を提供してくださるだけでなく、練習の休憩や昼食を家族のように気を使って共にしてくださるNーさん、そして私の演奏や音楽人生を理解し、支援するためにものすごくがんばって、そして私の毎年の演奏をとても楽しみにしてくれている私の家族。
帰りの飛行機の中で改めて自分の人生の幸運にちょっと感情的になってしまいました。
いろいろな出会いと感動があった7週間でした。
来年の夏を楽しみにしています。