社会勉強vs。音楽勉強… 2


ロサンジェルスでの生活を4年経たあと、ヒューストンでの3年目を始めている私が
今まで一度も車を所有したことが無いことを知ると人は大抵驚愕する。
生活範囲の狭さ、そして質素さがそれだけで明らかになってしまうからだ。
私は確かに自宅と練習室、そしてクラスと図書館で主に生活して来た。
遊びに行くことは必然的に主導的になれない。
誘われたら便乗させていただくことになる。
収入が少ない学生・音楽家人生に経費を徹底的に抑えることで対応して来た現われの一つだ。
でも、ついに車を買った。
車が無いゆえに演奏活動さえにも支障が出始めたからだ。
車を買うと、保険、値段高騰中のガソリン、そしてメンテナンスと中々出費と手間がかかる。
さらに引越しに伴うインターネットの手配、家具の購入、などなど。。
練習と勉強が、グンと減る。
「こんなことは巣立って一年目の学部生の時に学ぶことなんだよ!今までこういうことを経験せずに来たってことが信じられない!良い勉強だと思って!音楽バカになりたくないでしょ!」
と、友達に叱咤激励されると、耳が痛い。
私は確かにピーターパンで今まで来てしまった。
しかしそう言うことを始めると中々色々面白いのである。
オートマとマニュアルの違い、とか調べ始めるとルネッサンス音楽よりも興味をそそられてしまう。
ルネッサンス音楽の教科書、明日までに60ページ読まなきゃいけないんだけど、
そんなことをそっちのけに、マニュアル運転法のYoutubeのヴィデオを見ほうけたり、
スペア・キーの購入の仕方をグーグルしたりして時間が過ぎてしまう。
明日から又がんばれば良いかな?


2 thoughts on “社会勉強vs。音楽勉強…

Comments are closed.