週末の過ごし方


週日の就寝が毎晩深夜近くそして割りと早朝に起きているためか、はたまた新生活の刺激の多さのためか、週末はかなり寝坊をしてしまう。昨日は土曜日。起きたら11時でびっくりした。金曜日の夜帰宅後から土曜日の午前中というのは一番気持ちがゆったりしている。その感覚を一時間でも長く楽しみたくて、土曜日の朝はゆっくり豪華な朝食を用意したり、外食したりする。最近のお気に入りは「IHOP]と言う店。International House of Pancakesの略でIHOP.その名のとおりパンケーキ(ホットケーキのことです)の専門店で、シロップは色々なフレーバーで5種類くらいある。と言っても、パンケーキに限らずクレープ、ワッフル、そしてパンケーキのねたを混ぜ込んでふわふわにしたオムレツなどの朝食のヴァラエティーは豊富だし、サンドウィッチやサラダなどの普通の食事も結構充実している。日本のファミレスに雰囲気が良く似ていて、店舗もとても多い。IHOPには身体障害者が多いなあ、と思っていたが、昨日気が付いたのだけれど通路の幅がどの店舗も一貫して広く、車椅子でも通りやすいのである。さらに未就学児は朝ごはんは無料とか、一般大衆の身に立って運営をしている感じ。とても親しみが持て、支援したいお店である。
そうしてゆったりと朝食を終えるともう正午はとっくに過ぎている。ここらへんからちょっとずつ現実感が忍び寄ってくる。新居の住み心地向上のためのやることリストがいやおう無しに攻め寄せてくる。さらに、新車(中古車ですけど、私の新車!)もニーズが少なからずある。家具屋、電気屋、雑貨屋、金具屋、色々な店のはしごが始まる。昨日はお店のはしごの途中に急な土砂降りに見舞われた。ヒューストンは土が粘土で水はけが悪く、土砂降りが2時間も続くとすぐに道路が洪水状態になってしまう。それを避けるための渋滞が始まる。そんなこんなで昨日は帰宅は夜の8時。
今日の午後は学校でのリサイタルである。日本で弾いたプログラム「音で描く絵」をヒューストンで披露します。ヒューストン界隈の日本人コミュニティーの方々も多く来てくださるはず。楽しみです。
ルネッサンスの宿題はまたもや後回し。今はルネッサンスの大作曲家デュファイが、この頃盛んに勉強された「演説法」に基づいて作曲したのでは?と言う論文を読んでいる。