練習の中休みに―発見!(パリ、二日目) 2


今朝買った全粒紛のバゲットが余りにも美味しくて、嬉しくて、
朝食に半分も食べてしまって、でもまだ残り半分残っているのに、
練習に没頭していてふと気がついたらお昼時。
私の必食、ヨーグルトと果物をスーパーに買いに行こうと外出したら、
家から一つ通りを隔てたところに今朝バゲットを買ったのとは違うパン屋の前で
15人位人が行列をなしている。
パンを買うつもりは全然無かったのだけれど、好奇心は抑えきれない!
列が出来るのは、美味しいからか、安いからか、それとも両方か!?
3ユーロで小さなバゲットの中に野菜のマリネがはさんでいるのをゲット!
食べながら書いていますが、とても美味。
ちなみにヨーグルトとグレープフルーツとバナナと人参と安かったアヴォガドも
無事にそこからほんの一分歩いたところに発見したスーパーでゲットしました。
今朝の練習は快心!
久しぶりに一日を練習に捧げるつもりで、
そう言う日だけ達せられる没頭状態に入り込み、
あることに気がつきました。
私は博士課程総合試験の音楽史全般の勉強のため、
さらにこの前ブログ「『ピアノで奏でる東洋』を弾き終えて」で書いた様に
今回の選曲は初めてテーマのコンセプトが実際の曲に先立ちして行われたリサイタル、
と言うこともあり、
それぞれの曲を受け止めることばかりに集中して音楽に対して受け身になり、
音楽を使って自己表現する、したい、と言う積極的な姿勢を忘れていました。
音楽には作曲する、演奏する、そして聴く、と言う大きく分けて三つの関わり方がありますが、
そのどの行為に置いても受容する部分と、働きかける部分があると思います。
作曲ではそれまでの過去の音楽をどう受け止め、そしてそれに対して自分が何を書くか。
演奏では楽譜をどう読み、それをどう演奏するか。
そして聴く、と言う行為に置いては作曲され、演奏されて現実化した音楽に受け止め、
そこに自分個人は何を見出すか。
でも最近私は楽譜を読むことに一生懸命になって、
それを使って自分が何を訴えたいかと言うことに注意を払うのを忘れていたのかも知れません。
大発見!明日に向かって頑張ります。
(バゲット・サンドウィッチは完食!これからフルーツとヨーグルトを頂きます)


2 thoughts on “練習の中休みに―発見!(パリ、二日目)

Comments are closed.