パリ、満喫!―3日目


リサイタルが昨晩だったのが信じられないほど、今日のオフデーは充実していました!
まず朝、学部生の頃の先輩だった同じピアニストのDavidの家にお邪魔しました。
彼はアメリカ人ですが、亡お父さんがフランス人だった関係でもうパリ在住15年目くらいです。
彼とは本当に腹を割って音楽人生について語り合えます。
一年に一回会うか会わないかなのがお互い信じられないほど、
考えている題目が共通していて、すぐに話しが通じ合う。
色々な都合上、2時間半くらいしか一緒に居られなかったのですが、
「ピアノを弾く上でのインスピレーションと知識の量は比例するか、半比例するか」とか、
「演奏と練習のバランス」とか、ピアノ・トピックで物凄く盛り上がりました。
その後、学会(正式には今日が開会です。昨日の私の演奏会は前夜祭でした)の登録手続き。
参加者が一杯集まっていて、昨日の演奏会に来てくださった方や、お手伝いくださった教授などや、
その方々にまた紹介していただく面白い研究者たちが居て、楽しいひと時でした。
そのあと2時間ほど、ルーブルの周りを散策。
パリは凄い!本当に凄い!
そして幼馴染の美知子ちゃんとチュルリー公園を歩きながら、
これも色々お話をしました。
観覧車にも乗りました。
パリは凄い!上から見ても、凄い!
19時からは学会開会のパーティー。
Hotel de Ville(パリ市庁舎)が会場で
(中は金キラ金!彫刻がそこらじゅうにあり、装飾がそこらじゅうに施されている)、
ソルボンヌの学長が挨拶する、凄いものでした。
何しろ、参加者が1500人!
そして20時からはAu Pied de Cochonでご馳走!
ロブスターや、2種類の蟹や、2種類の海老などが蒸されたものを
物凄く一所懸命食べてしまいました。
幸せな一日でした。