明けましておめでとうございます。


2014年
明けまして
おめでとうございます。

実に10年ぶりに日本でお正月を迎えました。
木曽の山奥の父の実家で、叔母たちがもち米を蒸してついてくれた
栃の実餅、蓬餅、そして白いお餅。
おせちの重箱。
母が自家製のじっくり煮込んだ鶏がらスープで作ってくれたお雑煮。
前回の帰国では気がつかなかったのですが両親の新居からは富士山が見えます。
家から富士山が見えるのは実にラッキーな気持ち。
家族4人で一緒に拝みました。
天気が良かったので、家族4人でゆったりと多摩川沿いをお散歩しました。
凧揚げをしている子供たちが沢山。
そう言えば私たちも子供の頃は良くお正月に凧揚げをしたな~と考えながら
小学生時代、狛江の社宅だった時代に良く貸しボートを家族で漕いだ
その多摩川のずっと下流を大人になった私と妹と、成熟した両親が
今度は語らいあいながらゆっくり歩きます。
母だけが青信号を勿体無がって走っています。
この頃ジムに通っている母は若返ったようです。
2013年も色々在りました。
Rice大學では一月から五月まで、最終学期と言うことで
1875年ー1924年のオペラを研究するクラスや
(プロコフィエフの『3つのオレンジへの恋』の研究)
自由研究プロジェクトのためのYoutubeシリーズ「Poco Piano」の作製などで
本当に充実した日々でした。
夏は13年目となった日本でのリサイタル・シリーズで
「西洋音楽の中の日本」と言うテーマで山田耕作のピアノ曲を始め、
モーツァルトのトルコ行進曲に始まる西洋音楽の中の『東洋』、そして日本を検証しました。
そして同じプログラムでパリでの演奏デビューを夏に果たしました。
同じパリで国際比較文学研究会のパリ大会で学会デビューを果たしたのもこの時です。
秋には博士課程の中でも最大の難関、総合試験に挑みました。
音楽史、音楽理論、そしてピアノとそれぞれ4時間の筆記試験に加え、口答試験がありました。
勉強中は脳が一回り大きくなったような、自分が突然博識に成ったような錯覚を覚えましたが、
計12時間の筆記試験で付け焼刃の知識はすべて流れ出てしまったようです。
まあ、さっぱりしましたが。
なんにせよ、晴れて合格した日は本当に嬉しかった。
2014年は論文と、演奏活動の年、
そしてこれからの人生について論文を書きながら熟考する年です。
論文のテーマは「暗譜の歴史と是非」。
すでに読み始めている文献の数々は本当に面白く、
論文に直接関係ない資料まで読み漁ってしまいます。
特に文明史に置ける「記憶と記録の反比例」と言うテーマは
音楽と関係なく興味そそられる論点です。
演奏は3月24日にニューヨークでプロコフィエフの3番の協奏曲を演奏できるのが
非常に楽しみです。
オーケストラをバックにソリストとして弾く協奏曲は
2006年に学校に戻り勉強し直す決意をするまで
東欧オケとの全米ツアーなどで毎年機会に恵まれていたのですが、
学校に戻ってからはやはり難しく、
2012年の春にメシアンの「天の国の色彩」を学校のオケと弾いて以来。
しかも、ずっと念願だったプロコフィエフの3番!
それに、私の第二の故郷ともいえるニューヨークで!
さらに2014年の夏の日本は7月12日13時半みなとみらいと8月3日13時半美浜文化ホール。
去年に引き続き、日本人の私が西洋音楽を専門とする意味を探る一環として
「ショパンToジャパン」と言うタイトルで行います。
ショパンは後の色々な作曲家に計り知れない影響を残した偉大な作曲家ですが、
特に20世紀の西洋音楽を推し進めたスクリャービンとドビュッシーは
その一番初期のピアノ作品に「ノクターン」や「マズルカ」と言った
ショパンゆかりのジャンルを取り上げ、ショパンの影響を強く反映する曲風で書いています。
そしてスクリャービンに触発された日本の西洋音楽界を創り上げた一人、山田耕作。
さらにドビュッシーを「自分の作曲の師」と仰いだ武満徹。
今年で4年目を迎える横須賀ゆかりのピアニストグループによる
夏のピアノの祭典『スカぴあ』も7月26日に例年通り横須賀ベイサイドポケットで開催されます。
沢山の演奏会と共演者、賛同者、そして支援者に恵まれ、私は本当に幸せです。
2014年が皆さまにとって優しさと美しさに満ちた、素晴らしい物となりますように。