ヒューストンです!ちゃんと生きてます!


ご無沙汰しています。本当にブログ更新を怠ってしまいました。
まだ三が日が明けないうちにヒューストンに帰って来ていたのですが、
日本での沢山の思い出の消化と整理、
そして必修が全て終わり、事実上「学生生活」を終了した私の新しい人生の一歩を踏み出す準備で
いささか時間を取られてしまいました。
取りあえずの私の目標は三つです。
1.論文以外には唯一残っているこの博士課程のためのハードル:言語テスト。
イタリア語、フランス語、ドイツ語の一つを選んで、
与えられた文献を決められた時間枠の中で英語に訳します。
私は高校生時代にイタリア語を二年間勉強し、
学部生時代にはドイツ語を1学期勉強した後ドイツで1ヶ月滞在する機会に恵まれました。
でも、今回この言語テストであえてフランス語に挑戦することに決めたのは
この7月、そして10月と2回続けてパリに行く機会があり、
また今年の秋に訪れる予定が決まりつつあって、
こう何回もお邪魔しているのにいつまでも「フランス語喋れません」じゃ恥ずかしい!
と言うことで一念発起して今フランス語と格闘しています。
2.演奏活動を増やす!
博士課程の勉強中は学校に集中して演奏の機会を増やすための働きかけは勿論、
時には練習さえ後回しになっていた3年半でしたが、
総合試験が終わった今、演奏に飢えていた自分を発見!!
目下練習中は3月24日にNYでSpectrum Symphonyと共演する
プロコフィエフの協奏曲3番。
それからこの夏の日本でのリサイタル・プログラム「ショパンToジャパン」。
さらに、オーディションに晴れて受かって
テキサスのNPO「Texas New Music Ensemble]なるグループの
正式ピアニストに成りました。
テキサスに関係ある現代作曲家の曲を集めて演奏会をすると言うグループです。
テキサス州は、そう考えてみると広い!
広大!
ヒューストンを始め、ダラス、フォート・ワース、オースティン、サン・アントニオなど
それぞれの都市にプロのオケがあり、
テキサスに関係ある作曲家のリストはエンドレス!
小さな国よりずっと大きなテキサス州にこういうNPOがあるのは当然かも知れません。
アンサンブルのメンバーもテキサスの主要都市色々からオーディションで選ばれたつわものぞろい。
ヒューストンメンバー(4人)の顔合わせは今週末―楽しみです。
3.論文を書き始める。
あんなに熱情を持ってプロポーザルを準備し、意気込んで提出した
「暗譜の歴史と是非」と言う議題ですが、
私の悪い癖でどんどん議題から離れてもっと一般的な広大なトピックの文献を漁ってしまい、
いつの間にか「歴史上の記録と記憶の反比例」に読んでいる文献の題目が摩り替わっていました。
いかん、いかん。
また集中しなければ。
そして、読んで感心しているだけでなく、ちゃんとノートを取って情報の整理を始めなければ。
反省、反省。
と言う訳でこれからも張り切って頑張りますよ!