音楽人生の素晴らしさ


凄いびっくり!そして、感動…
今さっき、メールが来ました。
『1998年の客船での旅について』との題です。
『夫と二人でアメリカからアテネまでの客船の旅に出た時、あなたがピアニストとして乗船していました。あなたが練習している最中こっそり忍び込んで聞き惚れたのを覚えています。あなたは恥ずかしがり屋さんだったけれど、本当にきれいなピアノを弾きました。
練習中のあなたの写真があるのですが、もしご興味が在ればお送りします。今、家の大掃除をしていて、たくさんの物を捨てています。この写真もあなたが欲しくなければ捨てようと思います。でも、お聞きしてみようと思いました。ご住所をお教え頂ければ、お送りします。』
もう16年前のこと。
客船では色々な乗客や乗務員と一期一会の濃い会話を交わしましたが、
正直に言ってこの女性がどなたか、思い出せません。
でも、胸が熱くなる思いがしました。
16年前の、まだ青二才の私がある夫婦の思い出の一部になっていたなんて。
音楽家の醍醐味だな~、としみじみと思いました。