演奏旅行


月曜日の夜、パリに向けて出発する。
約一年の間に三度目のパリである。
ナンだかちょっと『パリに帰る』、と言う感じ。
一回目は2013年の夏、国際比較文学研究会の学会での研究発表と
学会開会前夜に演奏させていただいた。
二回目はその直後の10月。
と、言うことで約1年ぶりのパリ。
今回は28日(日)の夜19時開演で第4区にあるアルメニア教会での演奏もさせて頂く。
音楽の世界は狭い。
世界中に音楽仲間が散らばっている。
今回パリに行くと世間話を何気なくしたら
昔しの学友が今はパリと聞いてびっくり。
早速連絡を取ってランチの約束をする。
友達の友達も多い。
さらに異国で会う同郷人と言う、繋がりも生まれる。
去年の秋にパリでたまたま言葉を交わした日本人留学生の方々が
Facebookで今回の来訪を楽しみにしてくださっている。
ありがたい。
「音楽は世界の共通語」だなあ、とこう言う時にも思う。
と、言うことで場所や環境は変われど、
私はする事はいつもと同じなので
楽しみなだけで「大変」ではない。
行ってきます!