NYの魅力、再発見


2つの演奏会と感謝祭のお祝いのため、2週間ほどNYに居た。
今回の演奏会場は
Liederkranzと言う財団の所持する87丁目は5番街にある1847年に建てられたビルの中にある
演奏会用の部屋。
NYでの音楽と文化を奨励するための財団だ。
1847年!
とても歴史を感じる趣のある、ヨーロッパ風石造りのビル。
中にはシャンデリアや古い肖像画、石造りの大きな暖炉...
主催はMusicians Club of NYと言うこれまた1911年に創立された音楽組織。
クーセヴィツキーを始め、歴史的指揮者や演奏家によって率いられてきた団体。
共催はEdvard Grieg Society。
全て私の初めて知る団体や建物だったけど、凄く楽しく光栄な晩でした。
ノルウェーに注目したプログラムで
私はグリーグの小品集、作品43を演奏させていただいた他、
メトロポリタン・オペラなどで活躍中のメゾソプラノとグリーグの歌曲を共演。
そして、ノルウェー人のホルン奏者とノルウェー人作曲家Madsenによるホルン・ソナタも演奏した。
NYは長く住んだつもりだけれど、まだまだ未発見の宝物が沢山!
訪ねるたびにわくわくする。