本番翌朝!


顔がにやけてしまう...
本番直後の夜は、眠れないのが通常です。
本番中のいろいろな場面がフラッシュバックのようにありありと思い出されて
興奮状態で眠ってもすぐ目が覚めてしまったり、中々寝付けなかったり…
でも、昨日は本当にうれしい気持ちで家族と一緒にゆっくりお夕飯を食べて
ぐっすり眠れて、幸せな気持ちで目が覚めました。
音楽家と言うのは一人でなれる物では決してありません。
聴衆の一人ひとりも勿論、、
一緒に演奏会と言う大きなイベントを企画・実行してくれる賛同者、
そして後押しして、口コミや宣伝を手伝ってくれるコミュニティー
舞台の裏方さんや、ピアノを調整してくださる調律師さん、
そう言うみんなが力を合わせて初めて可能となる、共同制作です。
それが何回も実現して、初めて一人の「音楽家」が誕生するのです。
そういう音楽家が社会的に成り立っていた、18世紀、19世紀の貴族社会は今はありません。
そんな中普段アメリカ暮らしの私が日本で演奏活動を続け、
今年15年目を迎えることができているのは、
沢山の理解者・協力者に恵まれ、
特に、親戚と家族の全面的なサポートを受ける幸運に恵まれているからです。
私の音楽人生は紆余曲折がかなり極端!
いろいろな私の場面場面を太っ腹で受け止め、
一緒に笑い、一緒に心配し、
何があっても演奏を続けたい、と言う私の意思を尊重して
そのために協力してくれる…
涙がでるほど、感謝しています。
涙と言えば…
昨日初めて来てくださった聴衆の方が
「Tシャツがこんなにぬれるくらい涙が出ました」
と本当にしずくの後が見えるシャツを見せに来てくれました。
昨日達成できた会場との一体感は
これからずっと覚えていて、これからの私を勇気づけてくれるでしょう。
ありがとうございました!!
さあ、来週の日曜日はスカぴあ!
横須賀芸術劇場のベイサイドポケットで
横須賀ゆかりのピアニストグループ4人組と
オーディションで選ばれたスカぴあジュニアが
ソロ、連弾、一台6手、一台8手、2台ピアノと弾き進み、
最後は2台16手まで弾いちゃう、
楽しいピアノ祭典!楽しいクラシック音楽会!
http://www.geocities.jp/yokosukapianofestival/