雨雨、フレフレ…♪


最近のブログでは「正義は勝つ!」のテーマで勇ましい事を色々書いているが、
実は私の日常生活はいたって地味は、はっきり言って隠遁生活である。
ストーカーが怖いから外に出ないのか、と言われればそういう事も多少はあるかもしれないが、
家にこもってやることが山盛りなのも、事実である。
博士論文と練習。
それから教え。
たまに社交。
その合間にまあ、警察や社会福祉の人とミーティングが在ったり、
検事と電話で話しをしたり、
演奏会の安全対策についてメールしたり、そういう事もしているのだが、
はっきり言って大抵の時間は一人で鶴の恩返しのように
コンピューターとピアノのキーをカタカタカタカタ。
そんな中、高に乗る人と全く乗らない日がある。
乗らない日はブログに熱がこもり、
論文を「書き」ながら、チャットをしたり、
色々気が散っている。
でも昨日と今日は凄い熱の入りよう!
なんでだ…!
と、思ってはた!と思いあったたのが、雨である。
ハリケーン・パトリーシアと名付けられた歴史的大型ハリケーンが
メキシコ湾を接近。
あちこちで洪水警報が出ていて、昨日の朝から雨が降りっぱなし。
この雨の音が素晴らしいのである。
単調ではない。
激しく叩いたり、流れてみたり、ピッチも色々変わる。
この雨の音が私の集中促進剤なんじゃ…?
まあ、締め切りが近い、と言うのもあるのかも知れない。
とりあえず木曜日に書いただけ提出する、と言う約束を
文章校正の図書館のスタッフとしている。
目標の2章終了まで、と言うのはどんどん現実味を失ってきているが、
それでもやっぱり(もしかして頑張れば…)と言う気持ちがどんどん高じる。
私はなんでだろう、出かける直前になると、突然アイディアが進展したり、
面白いアングルで言える文章を思いついたり、
俄然、リサーチが面白くなったりする。
出かける前の30分と言うのは、時間が際限なくある時の10倍くらい捗っている。
それで、(ああああ、もう行かなくちゃ…)と
大変残念な気持ちで家を出て、たいてい遅刻する。
皆、そんなものだろうか?
雨雨フレフレ…(母さんが♪?、もっとフレ♪?)