本番翌日、気分転換の仕方。 2


私は本番直後は興奮状態で眠れないことが多く、次の日をぼーっと過ごしてしまうことが多い。
最近メラトニンを上手く利用することを覚え、
時差だけでなく、本番直後にも服用することで睡眠確保は出来るようになったのだが、
やっぱり大きな本番の直後は恍惚状態と言うか
生産的に過ごすのが難しい。
そんな私の話しを聞いた友達が、私を本番翌日の日曜日、ジョギングに誘ってくれた。
土曜日は生憎の雨だったが(それなのに会場はほぼ満席でした!うれしい!)
日曜日はこれ以上無いほどの夢のような快晴!
そしてぐっと気温が落ちて、身が引き締まるような新鮮な空気。
そんな中で「私はすぐ息が上がるから」
としり込みをする私に「会話ができる速度で」と
ゆっくり気楽なジョギングを一緒にさせていただきました。
気持ちよかった!
私は結構ヨーガにはまったりするのですが、
マイブームが終わるとぱったりやめてしまう。
そして最近はそういう余裕が無くって
(うううう。パソコンの叩きすぎで腕が痛い。演奏への支障が心配…)とか思いながらも、
運動をあんまりしていませんでした。
ジョギングで血行を良くし、
その後久しぶりに入念なストレッチをして、
本当に気持ちよかった!!
そして夜はヒューストンの日本人の方々の飲み会に参加させていただきました。
私はアメリカがもう人生の3分の2くらいになりましたし、
今まではアメリカ人と社交することの方がむしろ多かったのですが、
最近日本人と日本語で日本食を囲みながら歓談することに本当に心の拠り所を覚えています。
それからお掃除の快感!
天気の良い日に衣替えをして、お掃除をして、集中していると
本当に何もかも忘れてしまいます。
さあ!気持ちを切り替えて。
次は13日にまたリサイタル。
そして22日は「時の終わりのための四重奏」!!
万能の私の心の友、麻衣子さんが、今度の22日に共演するメシアン作曲の
「時の終わりのための四重奏」の予告編ヴィデオを宣伝用に作成してくれました。
この曲についてはまた後でブログにも書きますが、
第二次世界大戦中にドイツの捕虜収容所の劣悪な環境の中で書かれた
20世紀を代表する傑作です。


2 thoughts on “本番翌日、気分転換の仕方。

  • ピアニスト、makicha

    >瞑想家 ゆる (藍色研究所所長)さん
    今、最新のブログとプロフィールを読ませていただきました!色々やっていらんしゃるんですね。私は音楽馬鹿ですが、でも音楽の道を突き進んでいく過程で、全ては究極的に関係を持っていることも学びつつあります。アイディア交歓できたら嬉しいです。よろしくお願いします。(ちなみになんの検索でヒットしたのでしょうか?)マキコ

Comments are closed.