食う食わぬ、ジレンマ毎回、本番当日。


本番当日、どれだけの何をいつ食べるか、と言うのは割と切実な問題である。
演奏と言うのは、結構スタミナが居る。
2時間、集中を切らさずにベストを尽くしたい。
その為には肉が良いと言う人、肉はだめと言う人、
炭水化物を推奨する人、炭水化物の中でもパスタ、ピザ、米、パンととても特定する人。
砂糖がダメ、カフェインがダメと言うのは割りと一環している。
水は気を付けてがぼ飲みする。
しかし、食べられるのは余裕がある方らしい。
私はそういう問題は至ってないが、
神経質な人は本番当日食べられない、と言う人もいる。
朝から何も口にしないで本番を乗り切るのはつらいだろう。
大きな本番の前は数週間、食が細る、と言う人もいる。
私にはまったく縁のない問題である。
そしていつ食べるのか、と言うのも問題。
本番直前に食べると、消化に血が回ってしまい、集中が出来ない。
と言うことで本番前の夕食は抜く人が多い。
じゃあ、何時間前なら良いのか、と言うのはすぐにお腹がグーグー言う私には
非常に切実な質問。
本番直前の3時間前なら、と言うのが一般的だが、
しかし本番は大抵2時間。
本番が終わったら最後の食事から5時間。
ペコぺこではないか…
と、言うことで私は個人的には本番前の朝食と昼食はかなり食べる。
そして本番直後のお祝いの宴は非常に美味しく沢山いただく。
音楽家に食いしん坊が多いのは、こういう事情があるのである。
昨日は本番成功の後、お祝いで本格派イタリアンをごちそうになりました。
美味しかった~!