毎週末、演奏会があるけれど、忘れちゃならぬ、長期向上 4


日曜の朝、起きてベッドでぐずぐず…
寒くなったせいもあるが布団の中で携帯で動画を立て続けに見たり
なんとなくまったり過ごしてしまった。
一昔前の私は、目が覚めるとベッドから飛び起きて洗面もそこそこ練習室に向かっていた。
そうしないと早いもの順の練習室、自分の好きなピアノが取られてしまう!
本当に出遅れると、練習室が埋まってしまい、
空き練習室を求めて練習室の周りを巡回したり、廊下に座り込んで待つ羽目になる!
質より量で練習していた。
本当に修行の様な毎日だった。
最近の私からは想像も出来ない…
大変ありがたい事に場数を踏んで経験を積み重ねる幸運に恵まれた私は
良い意味でも悪い意味でも、演奏に向けての準備、そして演奏をする、と言うことに慣れた。
昔は寝る間も削って準備しないと怖くて演奏に臨めなかったが、
今は良い意味で度胸、悪い意味でふてぶてしさが身に付いた。
精神安定剤と言う意味で練習する必要がなくなって、
社交や勉強、そして人生経験のために時間を使えるようになったのは
音楽のためにも良い事だが、
同時に完璧さや技術の向上を求める自分に対する厳しさをもう一度見直さなくては、
と今日、ベッドの中でのぐずぐずの後に、しばし焦燥感を覚えている。
演奏の数が増え、場慣れしたとか言っておきながら、
演奏会をこなす度に、達成感から来るご褒美で自分に休息を許してしまう。
しかし演奏会が増えているので、今では一週間に一回、時にはそれ以上
自分に「休息日」を許してしまっている。
だめだ、こんなんじゃ!
博士論文のリサーチで色々な分野の沢山の論文を読んでいる内に
OK Plateauと言う概念について知った。
(日本語では「OK停滞」と訳すようです。http://www.lifehacker.jp/2012/09/120926okplateau.htm)
自分の現状にある程度満足してしまい、現状維持だけで向上心をなくしてしまう状態。
私はそんなのはつまらない!
死ぬまで向上したい!
私の目標は
「死ぬまで毎日、日々のピアノの修行を通じて、
ピアニスト、音楽家、そして人間として少しずつでも上達していく」

今日からそこに「より美しくある事を追及する」を付け加える!
「美しい」と言う基準は曖昧であるけれど、同時に包括的でもある。
人道的な行為を私は、非人道的な行為よりも、美しいと思う。
筋の通った理論、自分の理論を行動に移せる決断力を全て、私は美しい、と思う。
無駄の無い効率の良さ、歯切りの良い物言い、潔い行動力も、美しい。
なぜ最近元気が無いのか、セラピストに相談したら
「記念日症候群」と言う概念について教えてくれた。
自分で意識していなくても、記念日には喪失感に襲われる、と言う現象だ。
そう言えば全く考えもしなかったが、
私が元・婚約者、現ストーカーであるサイコパスと付き合い始めたのは
丁度去年の今頃、ドンピシャである。
でも、言い訳なんて言うのは探せばいつでもいくらでも見つけられるのである。
残るのは、その時々の心理状態では無く、やったかやらなかったか、だけである。
私はちょっとした鬱なんてものは、行動を持って対処する。
寝て回復を待つ、何てことはしない。
受動的な姿勢は、私には美しく思えない。
忍耐力や辛抱強さは美しく在り得るけれど、私は能動的に忍耐する。
私は練習して、論文書いて、演奏活動を続けながら辛抱する。
さあ、気を取り直して!
今日も頑張る!


4 thoughts on “毎週末、演奏会があるけれど、忘れちゃならぬ、長期向上

Comments are closed.