ルイジアナ州での遠征演奏


昨日は私とデュオをしてくださっているクラリネット奏者の佐々木麻衣子さんと
二人でルイジアナ州のLake Charlesと言う所まで遠征演奏に行ってきました。
Lake Charles出身で会場となる教会に通って育ったフルート奏者の方が
もう29年間も毎年6月に4回開いているコンサート・シリーズに出演するためです。
片道2時間半のドライヴ。
でも二人共本当に最近忙しくって
麻衣子さんとは演奏会の企画・運営に関する必要事項のやり取りが主になっていた私たちは
この機会にずっとゆっくりお話しを出来ることを楽しみにしていました。
現地でゆっくりするつもりで朝出勤ラッシュが落ち着いてすぐに出発。
おやつも用意して、ドライヴ中の景色は真夏の湿地帯。
うっそうとした緑がでも遠足気分の私たちには愉快です。
お昼はルイジアナで有名なケイジャン料理を食べます。
ガンボと呼ばれるごはんやソーセージや鶏肉を煮込んだ辛いスープや、
衣が辛い魚介類のから揚げ!
ルイジアナ州はお食事が美味しい事で有名ですが、
旅情も在って本当に美味しく感じる!
それから個人練習、録音機材のセットアップ、フルート奏者も交えたリハーサルと
あわただしく本番までの数時間を過ごし、いよいよ本番。
Lake Charlesについてから、人々の警戒心の無い笑顔、ゆったりしたしゃべり方など、
麻衣子さんと感慨深く話し合っていましたが、
演奏後の帰り道で一番話題が盛り上がったのが、聴衆の集中度。
「打てば響く」と言うのが文字通りと言った、本当に素晴らしい聴衆で、
大人が、子供の用に目をキラキラさせて一生懸命私たちのトークや演奏を聴いてくれるのです。
そして、質問を投げかけると、大声で一斉に色々な答えを返してくれる。
ジョークを言えば、どっと笑ってくれる。
私たちもそれに触発されて一生懸命演奏しました。
帰りゆく聴衆に挨拶をしていたら、おじいさんが私たちによってきました。
「私は今年84歳ですが、一生で聞いた中で今夜のが最高の演奏会でした。ありがとう」
…これは、忘れない!思い出の宝物です。
そして佐々木麻衣子さん。
私の同志・助っ人・理解者・相棒・お姉ちゃん・最高のライヴァル。
私はどうしてこんなに素晴らしい人々に囲まれる幸運に恵まれているのか、
本当に感謝しきれません。
ありがとう。
帰宅時にはもうとっくにかぼちゃになっていましたが、
私は本当に幸せな気持ちでした。
明日は日本に向けて出発!