タングルウッド一日目~デジャブー?? 


まだ着いてから一日しか経っていないなんて、信じられない。
もうずっとここに住んでいる気がする。
約100人の研究生たち(オーケストラの楽器+ピアノ+声楽+指揮+作曲)は、
Miss Hall’s School と言う、夏以外は寮付き女子高に住んでいる。
もう何十年も、夏はタングルウッドの研究生たちの住まいとなっていたこの学校は
テニスコート、小さな池、体育館、大きな庭、食堂、などすべて完備した、美しい学校だ。
ここはタングルウッド自体からは車で20分ほどのところにあって、
一時間に一本スクールバスの無料送迎がある。
車で来ている研究生も多いので、便乗も可能だ。
タングルウッド自体がこれまた、広々と美しい公園のようなところだ。
遠くに山々が連なり、そのふもとには湖が見える。
タングルウッドの創始者で、指揮者だったクーセヴィツキ―にちなんで
「クーセヴィツキ―・シェッド」と呼ばれるオーケストラコンサート用のテント、
主に室内楽用の「セイジ・オザワ・ホール」、オペラが行われる「シアター」
そして練習室のある「マナー・ハウス」、
楽譜の貸し出しや視聴ができる「コープランド図書館」などが
広々と平がる芝生の中に点在している。
端から端までゆっくり歩くと15分はかかる。
私が高校生の時、母に連れられて妹と3人でバス・ツアーでタングルウッドに聞きに来たことがある。
小沢征司さんの指揮で、ピーター・セルキンがモーツァルトの協奏曲を弾いた。
そのあとで、小沢さんにサインをしてもらったプログラムは、まだ私の財布にとってある。
こうやって今日十何年ぶりかでタングルウッドに、
今度は聴衆の一員ではなく研究生としてキャンパスを歩いていると、
すべてになんだか見覚えがある気がする。
あの日、コンサートの前、少し自由時間があったはずで、
私たちはキャフェで夕飯を食べたのだろうか?
ここの芝生を散歩したのだろうか?
すべてがなんだか見覚えがあってなつかしい。
私はそのあと家族が日本に戻った後も滞米したが
あの頃の母はまだアメリカも2年目くらいで、
ああやって私たち姉妹を連れて遠出をするのは
結構、勇気がいったと思う。
母も頑張ってくれたんだなあ、と思う。
お母さん、ありがとう。