クローデ・フランクに聴いてもらう


今日は本当にいろいろあった日だった。
9-  練習
10- Phyllis Curtain(声楽家) の公開レッスンの伴奏
12- 友達と食事
12:30- 練習
2-  クローデ・フランクの公開レッスン(モーツァルトのロンドをレッスンしてもらった)
4-  図書館で勉強
5-  声楽家コーチングの伴奏
6-  食事、練習
7;30-メンデルスゾーン三重奏のドレス・リハーサル
8:45-ボストン交響楽団、レヴァイン指揮、チャイコフスキー交響曲6番&ピアノ協奏曲(ブロンフマン)
ハイライトは何と言ってもクローデ・フランクの公開レッスンだ。
3;30に終了のはずを大幅に延長して、1時間以上の稽古をつけてもらった。
なんという優しい人、そして、なんという激しい音楽根性!
それからブロンフマンのチャイコの協奏曲も物凄かった。
ブロンフマンには実は5月に公開レッスンで、
ラフマニノフのパガニーニ狂詩曲を聴いてもらう機会があった。
そのことも、クローデ・フランクの公開レッスンのことも
書きたいことは山ほどあるのだが、もうくたくたに疲れ果てているので、
明日書きます。
何しろ、とっても良い日だった。
ジェームス・レヴァインのチャイコフスキー交響曲6番の緊張感は物凄かった。
野外コンサートとは思えないほど、聴衆がピーンと緊張して
固唾をのんで聴いているのがわかる空気だった。