音楽の役割 2


「自分にとって良い曲とは、新しい聴き方を提示してくれる音楽だ。」 -Steven Drury
10   リハーサル・コーチング(Singing Sepia) 
12;30 Steven Druryと昼食
1;30  練習
2;30  Steven Drury コーチング、(ベルグのソナタ)
4    オーケストラのリハーサル("Drala" by Peter Lieberson)
6 寮に移動、夕食
7;30  マーク・モーリス舞踏団のドレス・リハーサル見学
マーク・モーリスは元舞踏家、今は振付家で、彼の舞踏団はアメリカではかなり有名だ。
音楽にとても詳しく、オペラの演出を手掛けたりもしている。
自分の舞踏団では、リハーサルから公演を通じて、録音に合わせて踊ることを主義的に禁止していて、
そのせいで時間もお金も余計にかかるが、
そのおかげで私の知人の数人はマーク・モーリス舞踏団と共演したことが在る。
音楽の演奏がその日の天気、演奏家の気分、会場の雰囲気などに影響されて変化するように
ダンスもそれを反映して、自在に変化するべきだ、と言う考えからの生演奏である。
かなり著名な音楽家もこの舞踏団と定期的に共演していて、
今日演奏したヨーヨー・マや、エマニュエル・アックスも頻繁に参加するらしい。
今日のプログラムは研修生によるハイドンのホルン協奏曲ニ長調、
ヨーヨー・マとアックス氏によるベートーヴェンのソナタハ長調、
研修生によるストラヴィンスキーの「Serenade」(ピアノ・ソロ)
ヨーヨーとアックス氏と未知のヴァイオリニストによるアイヴスの三重奏だった。
振り付けは非常に面白かった。
幾何学的な模様のように何人もの腕や脚が舞台の上に模様をなして、
それが音楽にぴったりと合わせて万華鏡の様に七変化する。
音楽を本当に視覚化している感じで、たとえばカノンなら、
同じ振り付けを声部の導入に合わせて、ずらして何人ものダンサーが踊るとか、
協奏曲はホルンに合わせて踊る人、オケの中のあるテーマだけを踊る人、とか
例えば音楽理論を全く知らない人でも、一目でソナタの構造がわかるような
そんな振り付けだった。
ヨーヨー・マとアックス氏はどうして舞踏団と共演する選択をするのかなあ。
振り付けの都合で、音楽的解釈を妥協しなければいけないところが在る。
例えば、ベートーヴェンのハ長調のソナタは、私はこのデュオがロスで演奏するのを聴いたが、
今日のテンポは振り付けに合わせて、普通の解釈よりも、彼らのロスのテンポよりも
かなり遅いテンポになっていた。
後の講義で「こういう解釈もできるかも、と挑戦されるのが面白い」とマ氏が言っていたが。。。
始めは音楽が視覚的に体現されていく目新しさが楽しくて、息を呑んで見ていたが、
段々(これはマーク・モーリスの音楽の解釈を見ているのであって、
音楽そのものを解釈と切り離して体験するのはこの方法では難しい)
と思わざるを得なくなってきた。
しかし、演奏だって、演奏家の解釈と音楽そのものを切り離すのは難しい。
それでも、ベートーヴェンは私はよく知っている曲だから、
例えば普通のテンポより遅い、とか、かなりのところが分かったが、
アイヴスやストラヴィンスキーに至っては初めて聞く曲なので、
マーク・モーリスの提示する世界を鵜呑みにするしかない。
それはそれで、ただ単に音楽を聞くより、ガイドが在ってわかりやすく、楽しめはするのだが、
しかし良く知らない曲だけに、視覚に気が囚われて、せっかくの尊敬する演奏家の演奏でさえ
気がつくとダンスの二の次になってしまう。
ヨーヨー・マとアックス氏はそれでも良いのだろうか。
あんな有名なスーパー・スターなのに。
音楽とは何だろう。
タングルウッドで、ロストロポーヴィッチが小澤征爾に書いたノートのコピーを見た。
「私たちは皆音楽の兵隊です。
そして私たちの間では、将軍や、将校等と言う位は無く、皆同等です。
その中でも一番熱心な兵隊として、私はあなたを尊敬します」
と言った意味のことが書かれていた。
作曲家、指揮者、演奏家、成功している人、そうでもない人、いろいろいるけれど、
大きな音楽史、さらに人間史の流れの中ではそんなことはみんなちっぽけなことなのかも知れない。
人から受ける評価より、演奏に対するお金の額より、一番大事なのは
自分のした演奏がある役割を果たし、他の人に良い影響を与えた、と言う実感なのかも知れない。
そういう意味で、踊りの為に弾く、と言う具体的な役割を果たすような演奏を、
スーパースターたちは時にはしたいのかも知れないし、
またはそうすることで
「職業にも、演奏の機会にも、貴賤なし」と
身を持って示したいのかも知れない。


2 thoughts on “音楽の役割

  • kinjotx

    アックスとかマとかいうスーパースターが演奏をする時それが独奏会であれ協奏曲であれ聴衆はいつもある種の期待をいだいて会場に行くのでしょう。それに答えて毎回アックス節とかマ節とかいうのをコンスタントに演じてこそスーパースターたる所以があるのでしょうね。ただそれだけでは飽きてしまうということがないだろうか。自分がそういう立場に置かれるとかなりしんどいと思う。たまにはいつもと全然違うことしたいんじゃないかな。素人の独り言です。 (^_^)

Comments are closed.