凄い日!


今日はたくさん凄いことが在った。
まず朝、ボストン交響楽団のドレス・リハーサルを見学しに行った。
今日のプログラムはブロンフマンの独奏でラフマニノフの協奏曲3番と
ショスタコーヴィッチの交響曲5番、指揮はマイケル・ティルソン・トーマスである。
リハーサルでは前から10列目くらいの鍵盤側の席に座って聴いていたが、
私たちを見つけたブロンフマンは、昨日の遭遇もあってか、オケのイントロ中に目礼してくる。
それだけで興奮なのに、リハーサル中に「聞こえる?」と目と手振りで聴いてくる。
本当は今夜の本番を控えて、抑えめに弾いているブロンフマンの音は、オケに負ける時もあったが、
まさか「聞こえません!」とは、絶対に言えない。
ブンブンと、頭を縦に激しく振って「聞こえます!聞こえます!」と何回もやった。
リハーサル中のブロンフマンはオケのテュッティの最中は、
難しいパッセージを鍵盤に指をあててさらったり、水を飲んだり、オケの団員と目くばせを交わしたり、
結構気が多かった。
そして、「これが彼にとってはメトロノームと練習するようなものなんだなあ」と思わせるような、
感情と、勢いをすべて排除して、正確にゆっくり目に通していた。
しかし夜の本番では、一転して物凄い演奏を披露したのだ。
何回も重心を鍵盤に乗っけるべく、お尻を浮かせ、テンポは計算されつくしているが
常に緊張感があり、そして勢い付けるところでは、オケを振り飛ばすかのような勢い!
終わった瞬間に、観客が地震の様などよめきを上げて、立ち上がった。
5回カーテン・コールが在った。
午後はアンドレ・プレヴィンの歌曲のドレス・リハーサルがあった。
アンドレ・プレヴィン出席だったので、普通のドレス・リハーサルよりも緊張したが、
彼はみんなを惜しみ無く誉めて、とても楽しそうにしていた。
マーティン・キャッツの公開レッスンがそのあと在った。
この人は有名な伴奏者で、今日はドイツ歌曲の公開レッスンだったのだが、
歌詞をいかに音楽に反映させるか、と言うことに重点を置く面白いレッスンだった。
コンサートのせいか、それとも充実感か、とても幸せな気分だ。