夢でショパンに会う。 4


私は普段ブログは夜書いているのですが、今日はどうしても書きとめたい夢を明け方見たので、練習前に急いで書いています。
夢の中で私はその夜、ベートーヴェンの協奏曲をオーケストラと演奏する予定です。現実には私は4番は弾いたことが無いのですが、まあ有名な曲ですし、夢の中の私は(何とかなるさ)、と自信満々です。そしてバスに乗って会場に向かう途中突然(でも、そう言えば全然この曲さらってないなあ。ああ、あんなに他の曲ばっかさらわないで、今日の演奏会の曲もさらっておけばよかった。昨日は一日練習日だったのに。。。)と悔やみ始めます。くよくよ悔やんでいる最中、突然ベートーヴェンの協奏曲4番の本番の翌日は、ベートーヴェンのソナタ、作品54の本番が在ったこともあります。この曲は私は実際何回も演奏しており、CD録音もしているのですが、2楽章がちょっと早口言葉の様な感じで、(これはまずい、練習しなければ)、とバスに乗った私はどんどん焦り始めます。
バスが会場近くに着いたところで私は飛び降り、練習室を探して奔走します。そしてなぜか、私の先生のレッスン室にたどり着きます。そこでは先生が静かに練習しています。飛び込んできた私を見て先生は「おお、今日の夜は本番だったね。」と実に時間をかけてゆっくりと喋り、私に「練習させてください」と泣きつかせる瞬間も与えずに「そう言えば、今君に是非在ってほしいお客さんがお越しになっているんだよ、ホラ」と部屋の隅を指差します。そこには、細面の、ひどく顔色の悪い、白人か東洋人か分からないような、長ぼそ~い人が、フリフリのついたちょっと場違いなシャツとベルベットのジャケットを着てほ~っと立っています。私はなんとなく不思議な気持ちでその人をまじまじ見ていると、急にそれがだれか気づきます。
「もしかして、ショパンさんですか?」
その人はゆっくりうなづきます。おお~、聞きたいことは山積み。頼めばここでレッスンをしてくれるかも!
でも、本番は刻々と迫っていて、おまけに遠くから、演奏会が始まってオケの一曲目が流れるのが聞こえてきます。
私はもう着替えて、走って会場に行ってもギリギリセーフ位! 本番を蹴って、ここでショパンと話をするべきか、それともショパンはとりあえず忘れて、本番の為にちょっとでもピアノにかじり付くべきか。。。
ここで目が覚めました。
凄く意味深な夢に思えて、「是非書きとめておかねば」と思ったのですが、書き出してみると結構平凡...?


4 thoughts on “夢でショパンに会う。

  • ピアニスト、makicha

    >abbrosさん
    ふ~ん、自分のブログをもう一度読み返してみて、やはり意味深に思えてきました。要するに、勉強するか、練習するか、実技を重んじるか、理解・知能を重んじるか、と言う自分の人生の選択に関してでは、と思います。
    そう言えば、ショパンは私の夢の中で一言も発しませんでした。ショパンの肖像画は沢山ありますが、それからはちょっと声音までは想像しにくいからだと思います。
    マキコ

  • abbros

    >ピアニスト、makichaさん
    そうですね、ちょうどいまそういったいろいろの葛藤をしているから、深層心理は一生懸命夢をつかって整理をしているのかもしれないですね。
    ショパンは一体なんのシンボルなんでしょうね?

  • ピアニスト、makicha

    >abbrosさん
    私にとってベートーヴェンは勉強するべき作曲家で、ショパンは兎に角弾きたい作曲家なのです。夢の中で(惜しい!ベートーヴェンだったらこれから演奏することだし、色々聞いて有意義なのに)とちょっと思ったのを思い出します。

Comments are closed.