オーボエ・リサイタル、成功!! 2


本番で、一番大事で、一番難しいのは多分、平常心を保つことである。
緊張して、一番大きく変わる、のはテンポ感、リズム感である。
心臓がいつもより速く打ち始めると、テンポ感もいつもより速くなりがちだ。
自分ではいつもと同じテンポで弾いているつもりでも、実はいつもより速いことは多々ある。
難しいパッセージに来て突然(いつもは弾けるのに、なぜ急に指がおっつかないんだ!)とパニクッたりすると、
さらに心臓がどくどくして、余計悪循環である。
しかし、吹奏楽器の人には、このことがさらに直接的に演奏するんだ、と言うことを
今日改めて確認した。
緊張して、呼吸が早く、息が浅くなる、という現象は、吹奏楽器の演奏においては致命的だ。
今日は、舞台裏で今までで一番気を使った。
下手なジョークをかまし、凄くポジティブ思考の発言を思いつく限りして、
必要と感じたら一生懸命ハグをして、舞台上でもしっかり目線を交わして、にっこり笑う。
(大丈夫だよ)
(さあ、一緒に美しい音楽を奏でるんだよ)
(大丈夫、息継ぎが必要ならいつまでも待ってあげるよ)
ニコニコニコニコニコニコ
人を一生懸命サポートしようとしていると、なんだか自分自身が強くなったような気がする。
私も、舞台上で平常心で保つのに苦労する演奏家の一人だが、
今日はジェニーに集中していて、自分の緊張は全く忘れていた。
そして結果は大成功だったのだ。
私の尊敬するアラン・ヴォーゲルからも、聴衆の皆からも一杯ほめられて、
ついでに伴奏の仕事が一杯来た。
ありがとう、ジェニー!


2 thoughts on “オーボエ・リサイタル、成功!!

  • ピアニスト、makicha

    >abbrosさん
    ありがとうございます。
    自分の気持ちより人との交流に集中すると、自分より大きなものに目が向けられるんだと思います。ソロの時は聴衆との交流にもっともっと集中したいです。
    マキコ

Comments are closed.