演奏後のブルー。。。の暇ナシ!


演奏の後、と言うのは情緒不安定になりがちだ。
演奏会と言うのは大抵夜遅い。
終わってから打ち上げに行ったりして夜更かしする。
そしてハイのまま、眠ろうとするのだが、頭の中でぐるぐる音楽が回って中々寝付けなかったりする。
アルコールに頼れば二日酔い、頼らなければ寝不足で、
結局翌日は何とも情けない在り様の人が多い。
デモ今回はあんまりそう言う暇が無い。
リサイタル前に後回しにしていた宿題は押せ押せだし、
指揮の練習もリサイタルが終わったら始めよう、とずっと前から決めてたし、
今週末はシカゴに行くから、その準備も在るし。。。。
そうだ、まだこの話をしていなかった!
今週末シカゴに行くのです。
タングルウッドで弾いた、アウガスタ・リード・トーマスと言う作曲家の“Traces"と言う曲。
作曲家が凄く喜んでくれて、タングルウッドでホールを借りて録音セッションをしました。
その編集が来週末で、何と20分の曲の為に録音技師と録音編集スタジオが12時間抑えて在るのです!
しかもその録音技師は去年「今年の最高録音技師」と言うグラミー賞を受賞している人で、
私は凄く興奮しています。
20分の曲を編集するのに12時間も何をやるんだろう。。。。
それからシカゴには友達も多いし、何よりまたアウガスタとお仕事出来るのも、楽しみです。
ちなみに私のCD製作時はCD一枚(約70分)に付き、編集時間は多くて4時間です。