オケのコンサートに乗る日


独奏のコンサートと違って、オケのコンサートに乗る日は緊張感が少ない。

その代り、ソロの練習や、論文執筆、そして生活のペースダウンをしないで

いかに演奏をこなすか、と言うことが重要事項になってくる。

今日は朝は6時起き。

夜の本番はシーズンオープニングのギャラなので、

後でオケ付きのドーナー(寄付してくださる方々)をお招きするパーティーのイベントにも出席。

その時を見込んで朝の身支度はいつもより入念に。

そして朝食を取ったあと、8時過ぎに学校の練習室に入り、練習開始。

9時半まで練習して(11月の現代曲リサイタルの譜読み)

10時開始のオケのリハーサルに向けて、出発。

会場には10分前には入ったのですが、すでに奏者はほとんど全員着席状態。

素早くハーモニアムのチェックや、最終の打ち合わせを行い

(音量の微調整をするために、ふたの開け閉めを担当するアシスタントがそばに座ることに)

10時ぴったりにリハーサルが始まります。

11時には私の乗る曲はリハーサル終了。

昼食は外で食べることにします。

どんなに小さな本番でも、やっぱり本番の日はいつもより多めに食べます。

『古き良きアメリカ』風の「House of Pies」と言うライス大学の学生を始め、

この地域一帯に愛されている24時間営業のお店でポーチドエッグとトーストとポテトの朝食セット。

すごいボリュームです。

食べながら、することのリストを作ります。

書くべきメール、整理するべき郵便物、払うべき請求書、スケジュールするべきレッスン…

図書館でも、楽譜を借りたり、録音を聴いたり、することのリストはどんどん長くなっていきます。

お腹とリストが一杯になったらお家に帰って、一つづつリストの項目をチェックオフ!

一段落したら、学校に行ってもうちょっと練習して、

その後入念におしゃれをして、5時に開演に余裕を持って着くべく4時には出よう!

5時開演、7時終演。

終演後は近くのカントリークラブでのギャラに出席です。

今日は幸い、気持ちの良い快晴です!

それにしても面白いのは

こういうスケジュールだから見える、色々な奏者の、化粧を落とした素顔。

今夜ばっちりお化粧することを見込んでか、

今日の朝のリハーサルは皆ほとんどすっぴん。

自分があまり化粧をしないため、私は男性のように誰がどのような化粧をしているか、疎い。

ところが、すっぴんを見て初めて

「あの美しい女優のような顔は要するに、ものすごいアイメークだったのですね!

もしかして、付けまつげ+マスカラ+アイシャドー+アイライナーなど、などですか!?」

みたいな。

皆、素顔もきれいなのに。

それによく見ると、ちょっと怖そうな印象だった人が、意外とあどけない顔だったり。

何だかちょっと家族になったみたいで嬉しい。

すっぴんも良いものです。