野外コンサートとラテン系クラシック 2


土曜日のシーズンオープニングに続き、
日曜日は同じ室内オーケストラの同じ演目で野外演奏をしました。
会場はライス大学のすぐ北にあるヘルマン・パークのミラーシアター。
ヒューストン・シンフォニー、バレー、グランドオペラなども出場するほか、
シェークスピアなどの演劇、ブロードウェーミュージカル、
そして和太鼓など民族色の強いグループも出場します。
出し物はすべて無料。
無料ではあっても配布されるチケットを受け取って入る
屋根のついたちゃんと椅子に座って鑑賞する場所と、
その外にある広い芝生でピクニックなどをして鑑賞する場所があります。
冬の寒い時期以外はほぼ毎週何等かの出し物があります。
私も和太鼓やシェークスピアやミュージカルなど、何回か見たことがあります。
こう言う野外劇場にはもちろん問題も、あるのです。
雨など、気候がすぐれないときがある。
音をどうしてもスピーカーで通さずにはできないので、アコースティックの音楽には不利。
チケットをちゃんと受け取って屋根付きの場所で真剣に鑑賞したい人には
芝生でピクニックしたり、子供を走り回らせたりしている人の雑音は気になる。
でも、逆に良い点と言うのが盛りだくさん!
例えば、チケット制の屋根付き・椅子付きの部分は障がい者用の対策が万全。
実際にこの会場で何度も車いすやストレッチャーの重度障がいの方々をお見受けして
感銘を受けました。
それから子供が、自由に音楽を楽しめる。
「静かにしなさい!」と言うピリピリした雰囲気が無いだけ、
大人も子供が少々はしゃいでもおおらかな気持ちで楽しめます。
屋根付きの場所でもリラックスしてビール缶など片手に姿勢もだらしなく楽しんでいる人。
中にはお弁当を食べている人もいます。
そして何より、こういう会場で本物を無料で提供するのは、すごい!
普段演奏会ではあまり見かけないような人たちを沢山見かけます。
例えば子だくさんの家族。
いかにも移民と言う人たちや、いかにも留学生、いかにも年金暮らし、と言うような
演奏会のチケットが経済的に負担のような人たち。
そういう人たちが本当にリラックスして楽しんでいるのを見るのはうれしいです。
そして一番うれしかったのが、今回の演目のトリを飾ったラテン系の音楽で
皆が口笛を吹いたり、踊りはじめたりして、ものすごく盛り上がったことです。
この曲です。

生憎の雨で、客足は少し寂しかったものの、
土曜日の盛装の演奏会とはまた違った醍醐味を味わいました。
ヴィヴァ、音楽!


2 thoughts on “野外コンサートとラテン系クラシック

Comments are closed.