調整には性格があるか?


エピソード6のご紹介です。
毎週水曜日に一本ずつご紹介すると決めてからもう6週間も経つなんて…
このエピソードではシューベルト即興曲作品90-3の逸話を紹介します。
この即興曲は変ト長調 
6つもフラットがあって譜読みも大変ですし、黒鍵が多く、運指も大変。
と言うことで、アマチュア・マーケットを狙う出版社は大慌て。
「ト長調に変えてください」とシューベルトに要請。最初の出版はこの曲実はト長調だったんです。
でも、ト長調で弾くのと、変ト長調で弾くのとでは、印象が随分違うのは、なぜでしょう?
調整が変わっても、音と音との距離感、関係は同じはずなのに…?
こちらのURLでどうぞ。

明日の朝、日本に向かって飛びます。
日曜日にニューヨークの友達の家でリサイタル・プログラムの通し稽古をさせてもらった後、
月曜日は7月13日の「スカぴあ」プログラム・ノート執筆にかかりきり、
火曜日はラジオ番組収録の準備、勉強・練習。
明日の飛行機の中でも、しっかり勉強するつもりです。
さあ、今から3時間で荷造りして、今日は早寝!
日本に着くまでに、ルネッサンス、バロック、古典、、ロマン派、そして20世紀と、
ザーッと、音楽史の教科書を読破するつもり!
取りあえず、今は頑張って、なるたけ効率よく、荷造りです。