正しい集中 2


『集中』と言うことについて考えながら超絶技巧の練習をしているうちに
何にどう、集中するかと言う選択の重要性も分かって来た。
ただ単に集中すれば良い、と言う訳では無い。
非生産的な集中、と言うのもある。
例えば、極論だが「間違えるかもしれない」と言う気持ちに集中するのは、
勿論、逆効果だ。
さらに過剰に細微に集中するのも、全体像が全く見えなくなり、逆効果。
バロメーターはミスタッチの数。
細微に集中~例えば指の一々の動きや筋肉の感覚、一つ一つの音~は
ミスタッチ減少に役立ちそうで、逆効果なのである。
むしろ音楽に集中して(もう何十年と弾いているピアノ、指は鍵盤がどこにあるか知っているはず)と
大きく構えた方が、ミスタッチは減る。
『音楽に集中する』と言うのは、要するに
1.良く聞き、
2.タイミング、音色、歌いまわしなどに於いてできるだけ音楽性に富んだ選択をし
3.自分の肉体的能力を盲目的に信じ込むこと、だ。
3.に至るまでは勿論、
何年もの基礎訓練とか、
盲目的に自分の指を信じて音楽的に弾いてみる前の
ゆっくりと音や、跳躍などの確認練習をする事や
色々条件が勿論ある。
しかし、そう言うステップを踏まえた後は、そう言うことを全て肉体に任せ、
意識は音楽へ集中!
切り替える、のである。
父が大好きな『スターウォーズ』(勿論、古いほう)で、
ルーク・スカイウォーカーがジェダイになるべき最初の訓練をオービーワン・ケノービーに受けている時
目隠しされたら、今まで出来なかったことが出来るようになる、と言う場面がある。
ほら、あの光の剣で、飛び回る機械からムヤミヤタラと出るレーザー攻撃をかわす、と言う訓練!

あれを思い出しながら練習している。
そうそう、そう言う(いかにくだらなくとも)できるだけはっきりとしたイメージを持つ、
と言うのも集中にとってはとっても重要!
思わぬところで思わぬ経験・見聞が役に立つ物である。
ああ、スターウォーズを見といて、良かった~!!


2 thoughts on “正しい集中

Comments are closed.