ピアニストのジレンマ。


今年のリサイタル「南欧の愛と幻想」にはこの曲が入っている。

「ああ!この曲…」と思われる方も多いだろう、有名な曲だ。
アルベニスの「アストリアス」。
ギターの編曲が有名だが、アルベニスのオリジナルはピアノである。
スペインの民族音楽が素になっている。
このYouTubeを見てお分かりだろうが、この曲にははっきりとしたむずかしさがある。
跳躍である。
ここでピアニストのジレンマがあるのである。
ピアニストの楽譜立てと言うのは、
鍵盤の前に背筋を伸ばして座って、まっすぐ前方を見ると見える位置にある。
これが一番「良い」姿勢、体に負担がかからない姿勢、腕や手の動きが楽な姿勢である。
しかし、こうすると鍵盤が見えないのである。
これは、暗譜をする一つの理由になっている。
しかし、暗譜をしても、このような跳躍の場合はどうしたら良いのか。
鍵盤を見ないで、良い姿勢を保ち、触感と筋肉の動きだけで跳躍をする、
と言うのは一つの方法である。
しかしこのように遠くに跳躍をする場合、体の重心を全く動かさずに、と言うのはほぼ不可能。
そして、重心がずれると、指針がずれるので、触感と筋肉の記憶だけで跳躍を正確にするのは
非常に難しくなる。
しかし、鍵盤を見ようと首を下にすると、腕の動きが明らかに少し限られるのである。
特に私のように座高が高い人は不利である。
論理的には、鍵盤と楽譜立てからの距離が遠ければ遠いほど、両方見えることになる。
(楽譜立てに楽譜を置かないが、『楽譜立てを見る』姿勢を一番良い姿勢としての話し)。
だから、椅子をぐっと後ろに引けば、となる。
しかし、現実問題腕の長さは限られているし、
この曲のように高音鍵盤と低音鍵盤に同時に跳躍するとすると、
やはりある程度の近さに居ないと楽に届かない。
全てはバランスの問題なのだ。
が、そのバランスを毎日違った会場で、違った椅子で、違ったピアノで図るのが難しい。
最初のヴィデオはわざと、苦労して弾いている人のヴィデオを乗せましたが、
次に名人を、二人。
アリーシア・デラローチェはやはりすごい。
しかも、彼女の背の低さと手の小ささを考えると、信じられない!
まあ、背が低いと自然と重心が低くなり、安定するという利点はあるが。

そして、次にこの人は、タイミングを絶妙に計ることで跳躍を簡単にしている。

う~ん、なるほど。とても参考になったぞ!
みなとみらい、お楽しみに!